ワールドクラスのビーチブレイクバレルと称されるフランス南西部のホセゴー。

CT(チャンピオンシップツアー)イベント会場でもあるものの、CTイベントが開催されるのは10月頭なので、時期的にはアーリーシーズンといったところ。

では、メインとなるウインターシーズンにはどのような波がブレイクするのか?

今回の動画は、ホセゴーの2019/2020年シーズンにおけるベストコンディションとなった時のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


まず第一に、ホセゴーとはサーフスポット名ではなく、オーストラリアのゴールドコーストのようにエリア名です。

そのため、実際にCTイベントが開催されているのはラ・グラヴィエールなどといったサーフスポットです。

地形が変わりやすいビーチブレイクであり、さらには潮回りの影響も大きいエリアということで、数々のバックアップ会場が周辺に設定されています。

そんなホセゴーでのシーズンベストを集めたという今回の動画。

CTイベントは10月開催ですが、北半球のフランスがシーズンとなるのはウインターシーズンということで興味深い動画です。

計画が頓挫していますが、ワールドツアー大変革としてヨーロピアンレグの2月開催が以前に計画され、その理由は波が良い時期であるためです。

実際に動画を見ていると、まるでバックドア/パイプラインのようなヘビーバレルがブレイクしています。

ビッグスウェルが発生すると言うことは天候が荒れるということで、オンショアが強い日も結構あるそうですが…。

ツアー変革が実現すれば、1月にパイプマスターズ、2月からヨーロピアンレグとビッグバレルイベントの連続となり楽しそうなので、ツアー変革に関しても今後どうなるのか気になります。

このまま計画自体が完全にお蔵入りになるとは思えないので。ビッグイベントのオリンピックが来年へと延期となったので、来年のスケジュール変更はあり得ないとは思いますが。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事