スタブ誌による大人気企画となっている「Stab in the Dark(SITD)」。

ミステリーボードと題し、誰がシェイプしたのか分からない複数本のサーフボードを世界トップサーファーがテストライドし、ベストボードを選ぶという企画。

ミステリーボードは大手ブランドのボードがメインなので、意外とどのブランドなのかライダーが手に持っただけで当てたりもしますね。

今回の動画は、昨年2019年版を除く過去作品の中からトップ10となるベストライドを集めた映像をお届けします。


スポンサーリンク


2015年からスタートしたSITDという企画。各年度のテストライダーは以下となります。

2015年:ジュリアン・ウィルソン

2016年:デーン・レイノルズ

2017年:ジョーディ・スミス

2018年:ミック・ファニング

昨年2019年はオールスターと題し、過去に出演したテストライダーのミック、デーン、ジョーディの3名参加となりました。

ミックは撮影開始から間もなく怪我をし、戦線離脱となってしまいましたが。

何はともあれ、2019年版はまだ市販ムービーとして販売しているので、今回のトップ10ベストライドは2019年版の映像は除外となります。

とても興味深いのが、今回のトップ10で頂点に立ったライディングで使用されていたサーフボードがプーカスという点。

プーカスはスペインのバスク地方を拠点とするヨーロピアンブランドです。

そのプーカスのボードを気に入ったのがミックで、シェイパーはアクセル・ロレンツ。

ちなみに、2019年版でミックは「このボードはアクセルじゃないかな?」と当てたりと、相当乗り味を気に入っていたようです。

今まで知名度がそれほど高くなかったシェイパーが有名になるのも、こういった企画の醍醐味ではないでしょうか。

最後に、2015~2018年までのフル動画はすでに無料公開されていて、下記リンク先からチェックできます。

SITD過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事