スタブ誌による大人気のミステリーボード企画となっている「Stab in the Dark(SITD)」。

テストライダーとなる一人のトップサーファーが誰がシェイプしたのか分からないサーフボードに乗り、ベストボードを決めると言う内容です。

同企画の最新作は2019年版であり、市販作品であった2019年版もついに無料公開となりました。

今回の動画は、2019年終わりにリリースされたSITDの最新フルレングス作品をお届けします。


スポンサーリンク


2016年からスタートした大人気シリーズ作品のSITD。これまでのライダーは以下となります。

*2016年:ジュリアン・ウィルソン

*2016年:デーン・レイノルズ

*2017年:ジョーディ・スミス

*2018年:ミック・ファニング

初年度の2016年は2作品がリリースされ、翌2017年から1年に1本という流れになっています。

SITDは基本的に市販作品として、iTunesやVimeoといったオンラインプラットフォームを通じて販売されるものの、販売開始から半年ほど経つと無料公開されています。

今回もまた、7カ月ほどの時を経て無料公開となりました。

さて、2019年版で主役を務めたのは一人のサーファーではなく、過去に出演したサーファーなので「オールスターズ」となっています。

ただし、ジュリアンは日程の都合でキャンセル、ミックは撮影現場入りして24時間もしない内に膝前十字靱帯(ACL)を損傷してリタイアしています。

そのため、実質の主役はオールスターズと銘打っているものの、ジョーディとデーンとなっています。

私はすでに市販作品を購入してチェックしましたが、市販作品だけあり、内容はめちゃくちゃ充実しているので見ないのは損です。

1時間弱のフルレングス作品となっているので、お時間のある時にじっくりとチェックして見て下さい。

SITDの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事