アメリカ本土でサーフエリアと言えば、誰もが頭に思い描くのが西海岸のカリフォルニア州。

実際に南カリフォルニアのオレンジ郡サンクレメンテには、サーフブランドのヘッドクオーターが集まっていますし。

一方、波があまり良くないと言われるのがアメリカ東海岸ですが、現在サーフシーズンの東海岸の様子は?

今回の動画は、ハリケーンスウェルがヒットしたニュージャージー州でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


東海岸はサーフィンにおいて環境に恵まれてないと言われるものの、ビッグスターを輩出しています。

11×ワールドチャンピオンのケリー・スレーターはフロリダ出身、同じくフロリダ出身のCJホブグッドは2001年ワールドチャンピオン。

ウイメンズのレジェンドである4×ワールドチャンピオンのリサ・アンダーソンもフロリダ出身です。

フロリダ出身の有名サーファーは少なくなく、シア&コリーのロペス兄弟、エリック&エヴァンのガイゼルマン兄弟と同じく。

ウイメンズでは、現在はサンクレメンテをホームとしていますがキャロリン・マークスもフロリダ出身です。

さて、そんな東海岸ですが、メインのサーフシーズンとなるのは秋のハリケーンシーズンなので、日本の台風シーズンと似たような感じです。

冬にかけては台風並みとなる冬型の大型低気圧も発生するので、一般的な北半球のサーフシーズンとなる秋~冬が波としては良くなりやすいです。

そんな東海岸となるニュージャージー州にハリケーン「Teddy(テディ)」&「Paulette(ポーレット)」スウェルがヒットした時の映像が今回の動画。

ワールドクラスのサーフスポットのようにクリーンコンディションとは言えず、ワイルドコンディションと言った感じですが、十分にファンウェイブではないでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事