blank

via vimeo

南米ウルグアイ出身でQS(クオリファイングシリーズ)サーファーのマルコ・ジョルジ「Marco Giorgi」(32歳)。

ウルグアイのサーファーではあるのですが、12歳の時にブラジルに引っ越しているので、WSLが公表しているホームタウンはブラジルとなっています。

そのため、ブラジリアンストームの一人とも言えますね。

今回の動画は、マルコ・ジョルジによるホームであるブラジルでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


ここ5年ほどはQSでほぼトップ100入りを果たし、2017年にはQSランク59位になった経験もあるマルコ。

フリーサーファーのような爆発力溢れるマニューバといったワイルドなスタイルが特徴です。

ワイルドなスタイルということで、個人的にはコンテストサーフィンよりもフリーサーフィン向きと感じます。

コンテストサーフィンでは、単発のビッグマニューバよりもコンビネーション(複数のマニューバを連続して入れること)が求められます。

そのコンビネーションにおいて重視されるのは、マニューバとマニューバの繋ぎで、スピードをロスさせずにスムーズに繋いで行く必要があります。

一方、ビッグマニューバはメイク後にスピードを大きくロスしたりとマニューバの繋ぎを疎外しがちではあるものの、見るものに大きなインパクトを与えます。

上記の点がコンテストサーフィンとフリーサーフィンの大きな違いの一つであり、マルコのサーフィンはフリーサーフィンに合っていると感じます。

まぁ、最近のブラジリアンのトップCTサーファーは、エアリバースのフルローテーションというビッグマニューバを入れても、フローを途切れさせることなく繋いでいくのですが…。

マルコ・ジョルジの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事