コロナ禍の現在、唯一QSイベントが開催されているオーストラリア。

そのオーストラリアでは今年2021年にすでに4つのQSイベントが開催され、ハイレベルなサーフィン大国の中でQSランク2位に付けているのがリーフ・ヒーズルウッド「Reef Heazlewood」(21歳)。

今回の動画は、メインスポンサーであるハーレーが公開したリーフ・ヒーズルウッドのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


2019年のCTイベント初戦にワイルドカード出場し、一気にインターナショナルシーンからの注目を集めることになったリーフ。

CT初戦のクイックシルバープロではジュリアン・ウィルソンを破る活躍で9位という結果を残しました。

また、同時開催となったエアショーのレッドブルエアボーンでは何と準優勝という快挙を達成し、10代サーファーの活躍とありスポットライトを浴びました。

そんなリーフですが、コロナのパンデミック宣言が行われた2020年は肩の手術を行い、リハビリ生活を送っていたとか。

そして完全復活した現在は、前述した通り順調なコンテスト結果を残しています。

さて、そんなリーフのフリーサーフ動画ですが、見所は何と言ってもエアリアルで、特にフルスピードからのアプローチは必見。

多くのサーファーはエアリアルを仕掛ける前にスピードコントロールするのですが、リーフはブラジリアンサーファーなどと同じく全速力で飛び出すのが特徴です。

普通に考えればフルスピードだと制御不能になりやすいので、多くのサーファーは自身でコントロール可能なスピードに調整してからアプローチします。

ですが、リーフのようにフルスピードであってもメイクできるからこそのアプローチは、見ていて非常にダイナミックであり、当然スピードがあれば高さも出るので見ていてエキサイトさせられるパフォーマンスとなっています。

リーフ・ヒーズルウッドの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事