blank

Photo: WSL / Dunbar

現地時間2021年4月10日(オーストラリア)、NSW(ニューサウスウェールズ)州ニューカッスルを舞台としたCT第2戦「Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona」が終了。

メンズはイタロ・フェレイラ、ウイメンズはカリッサ・ムーアと男女共に前年度にあたる2019年ワールドチャンプが優勝し、CTランクトップを奪還しました。

今回の記事は、ニューカッスルカップのイベントレポート、動画、最新CTランキングといったイベント情報をお届けします。


スポンサーリンク


イベントレポート

イベント最終日ということで、これまでのイベント期間におけるベストコンディションでの開催となった本日。

メンズ

最終日の本日は男女ラウンドを交互に行い、ラストはメンズのファイナルという通常の流れで進行することに。

モーガン・シビリック Photo: WSL / Dunbar

本日のスタートとなったクオーターファイナルにて、最も印象的だったのはローカル対決となったライアン・カリナンとモーガン・シビリックのヒート。

同ヒートはライアンがヒート後半までリードしていたものの、ヒート残り時間を10分切ったところでモーガンが2本のライディングでスコアを塗り替えて逆転。

最終的に、ライアンとモーガンのトータルスコアはタイとなり、モーガンのハイエストシングルが勝っていたことから勝利を勝ち取りました。

ガブリエル・メディナ Photo: WSL / Dunbar

セミファイナルに進むと、モーガン以外はガブリエル・メディナ、イタロ・フェレイラ、フィリペ・トレドと予想通りの顔ぶれとなることに。

ガブリエルとモーガンのヒート1は、ガブリエルがコンテストではトップレベルの高さとなるフロントサイドのフルローテーションをメイクして9.70。

この9.70は本日のシングルハイエストスコアとなり、モーガンを破る結果となりました。

フィリペ・トレド Photo: WSL / Dunbar

ヒート2のイタロとフィリペは、完全にエアゲーム対決になると思ったのですが、フィリペはレールゲームに撤することに。

エアリアルできるような波に乗ってなかったのですが、個人的には敢えて戦略としてレールゲームに持ち込んだように感じました。

もしかしたら、膝を痛めていてエアーを封印したなどといった理由があったのかもしれませんが。

何はともあれ、このヒートでイタロは本日のトータルハイエストスコア16.10をマークしてファイナル進出を決定。

ファイナルでは2019年のパイプマスターズのファイナルでタイトルレースをかけて対戦したイタロとガブリエルの再戦となることに。

ヒート展開としては、7ポイント台を2本揃えたイタロがリードするものの、ガブリエルはヒートのシングルハイエストになる8.60を持っていたのでいつ逆転してもおかしくない展開。

特にガブリエルとイタロの場合、ビッグエアーで9ポイント台をいつ叩き出してもおかしくないので、互いに気が抜けない展開だったでしょう。

でしたが、意外にもガブリエルが4ポイント台のバックアップスコアを塗り替えることができず、イタロの優勝となりました。

ちなみに、ガブリエルはCTイベントで過去3戦連続でファイナル進出を果たしているものの、3戦ともに敗退の準優勝という結果となっています。

今日の結果

ウイメンズ

イザベラ・ニコルス Photo: WSL / Miers

セミファイナルからスタートした本日のウイメンズ。ヒート1ではルーキーのイザベラ・ニコルスがキーリー・アンドリューを破り、CTイベント出場2戦目にしてファイナリスト入りを決めることに。

ヒート2は事実上のファイナルといった感じのカリッサ・ムーアとキャロリン・マークスの対戦。

ただ、カリッサの波選びが抜群すぎて、カリッサはこのヒートで3本しか波に乗らなかったものの全てエクセレントレンジという圧倒的なパフォーマンスを披露。

一方のキャロリンは、これまでのパフォーマンスを見せることができるような波を掴むことができず敗退となることに。

カリッサとイザベラのファイナルでは、やはりカリッサが抜群の波選びで本日のシングルハイエストスコア9.50をマークしたりと圧巻。

ミアウェザーの本日の波は、ブレイクの途中でフラットになったり、リフォームしたりと非常に癖のあるブレイクでした。

フラットになる点について、カリッサはオアフ島ノースショアのサンセットみたいと表現し、だからこそ他のサーファーよりも波を見る目が長けていたのかもしれません。

今日の結果

本日のイベントフル動画

イベントのポストショー

最新CTランキング

メンズ

ウイメンズ

まとめ

次なるCTイベントはオーストラリアンレグ第2戦となる「Rip Curl Narrabeen Classic presented by Corona」。

ウェイティングピリオドの設定は4月16~26日となっています。

-----

公式サイト「Men:Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona

公式サイト「Women:Rip Curl Newcastle Cup presented by Corona

2021年ニューカッスルカップの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事