2016年と2017年にCTランク5位に輝いた元CTサーファーのウィルコこと、マット・ウィルキンソン「Matt Wilkinson」(32歳)。

2018年シーズンにCTランク25位となったことでツアー落ちしたものの、翌2019年は数は多くないもののQSイベントに出場していたので、ツアーへの返り咲きを狙っていると思っていました。

でしたが、ウィルコ本人は異なるキャリアのプランを抱いていたとか。

今回の動画は、カントリーミュージシャンとしてデビューを果たしたマット・ウィルキンソンに関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


ジャック・ジョンソンが草分け的存在であるサーフミュージックというジャンルもあるので、サーファーと音楽が密接な関係にあることは誰もが知るところ。

なのですが、カントリーミュージックというサーフムービーでも馴染みの薄いジャンルからウィルコがデビューするとは誰も想像していなかったことでしょう。

正直言って、SNSでこのニュースを知った時は完全にネタだと思いました。曲名に「Fワード」が入っていたりとハチャメチャな感じだったので。

ちなみに、Fワードは放送禁止用語と思われがちですが、私が過去にオーストラリアに暮らしていた時、オーストラリアのテレビ番組ではピー音は入っていませんでした。

アメリカのテレビ番組をオーストラリアで放送する時はピー音が入っていたので、どうやら国によってルールが異なっていたようです。

さて、話を戻して今回の件についてスタブ誌がウィルコにインタビューをしていて、その記事に目を通してウィルコが本気であることを知りました。

ウィルコはシンガーソングライターのようで自身で曲を書いていて、かなりのストックがあるとのこと。

「Uncle Willy(ウィリーおじさん)」というミュージシャンとしての芸名でリリースしたデビューシングル「Big Fucken’ Horse」をチェックして見て下さい。

マット・ウィルキンソンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事