blank

Photo: ISA

6月6日に中米エルサルバドルで終了した東京五輪最終選考を兼ねたISAワールドサーフィンゲーム。

同イベントが終了したことでサーフィン初開催となる東京五輪の出場選手が決定しました。

また、出場選手決定に伴い、もしも出場選手が怪我などで欠場となった場合に備えて暫定ではあるもののオルタネート(補欠)の発表が行われました。

今回の記事は、ISAが発表した暫定でのオルタネート選手に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


アスリートには付き物の怪我。オリンピック開催直前の練習中であっても起こりえることから、今回発表されたオルタネートは再び変更される可能性があるので暫定となっています。

基本的なオルタネートの選考基準は、オリンピック選考イベントやCTランクなどにおいて、基準をあと一歩のところで逃した次点のサーファー。

ISAによる発表は以下となります。

-Men-

2019 WSL CT Rank

Qualified: Italo Ferreira (BRA)
Alternate: Filipe Toledo (BRA)

Qualified: Gabriel Medina (BRA)
Alternate: Filipe Toledo (BRA)

Qualified: Jordy Smith (RSA)
Alternate: Leonardo Fioravanti (ITA)

Qualified: Kolohe Andino (USA)
Alternate: Kelly Slater (USA)

Qualified: Kanoa Igarashi (JPN)
Alternate: Leonardo Fioravanti (ITA)

Qualified: John John Florence (USA)
Alternate: Kelly Slater (USA)

Qualified: Owen Wright (AUS)
Alternate: Ryan Callinan (AUS)

Qualified: Jeremy Flores (FRA)
Alternate: Leonardo Fioravanti (ITA)

Qualified: Julian Wilson (AUS)
Alternate: Ryan Callinan (AUS)

Qualified: Michel Bourez (FRA)
Alternate: Leonardo Fioravanti (ITA)

2021 World Surfing Games

Qualified: Hiroto Ohhara (JPN)
Alternate: Shun Murakami (JPN)

Qualified: Leon Glatzer (GER)
Alternate: I Ketut Agus Aditya Putra (INA)

Qualified: Lucca Mesinas (PER)
Alternate: I Ketut Agus Aditya Putra (INA)

Qualified: Miguel Tudela (PER)
Alternate: I Ketut Agus Aditya Putra (INA)

Qualified: Manuel Selman (CHI)
Alternate: I Ketut Agus Aditya Putra (INA)

2019 World Surfing Games

Qualified: Ramzi Boukhiam (MAR)
Alternate: Michael February (RSA)

Qualified: Frederico Morais (POR)
Alternate: Angelo Bonomelli (ITA)

Qualified: Billy Stairmand (NZL)
Alternate: Kehu Butler (NZL)

Qualified: Rio Waida (INA)
Alternate: I Ketut Agus Aditya Putra (INA)

2019 Pan American Games

Qualified: Leandro Usuna (ARG)
Alternate: Bryan Perez (ESA)

-Women-

2019 WSL CT Rank

Qualified: Carissa Moore (USA)
Alternate: Lakey Peterson (USA)

Qualified: Caroline Marks (USA)
Alternate: Lakey Peterson (USA)

Qualified: Stephanie Gilmore (AUS)
Alternate: Nikki Van Dijk (AUS)

Qualified: Sally Fitzgibbons (AUS)
Alternate: Nikki Van Dijk (AUS)

Qualified: Tatiana Weston-Webb (BRA)
Alternate: Paige Hareb (NZL)

Qualified: Johanne Defay (FRA)
Alternate: Paige Hareb (NZL)

Qualified: Brisa Hennessy (CRC)
Alternate: Paige Hareb (NZL)

Qualified: Silvana Lima (FRA)
Alternate: Paige Hareb (NZL)

2021 World Surfing Games

Qualified: Yolanda Sequeira (POR)
Alternate: Lucia Indurain (ARG)

Qualified: Teresa Bonvalot (POR)
Alternate: Lucia Indurain (ARG)

Qualified: Daniella Rosas (PER)
Alternate: Lucia Indurain (ARG)

Qualified: Leilani McGonagle (CRC)
Alternate: Lucia Indurain (ARG)

Qualified: Pauline Ado (FRA)
Alternate: Vahine Fierro (FRA)

Qualified: Mahina Maeda (JPN)
Alternate: Lucia Indurain (ARG)

Qualified: Amuro Tsuzuki (JPN)
Alternate: Lucia Indurain (ARG)

2019 World Surfing Games

Qualified: Sofia Mulanovich (PER)
Alternate: Eveline Hooft (NED)

Qualified: Bianca Buitendag (RSA)
Alternate: Sarah Baum (RSA)

Qualified: Anat Lelior (ISR)
Alternate: Eveline Hooft (NED)

Qualified: Ella Williams (NZL)
Alternate: Eveline Hooft (NED)

2019 Pan American Games

Qualified: Dominic Barona (ECU)
Alternate: Ornella Pellizzari (ARG)

ISAイベント終了後にも触れたソフィア・ムラノヴィッチを除いては、基本的な選考基準に沿った選考となっているので、だからこそ奇妙とも言える例も。

CTランクから選出された五十嵐カノア、ジョーディ・スミス、ジェレミー・フローレス、ミシェル・ボウレズの4名ものオルタネートになっているのがレオナルド・フィオラヴァンティなのです。

2019年のレオは怪我により一時的にツアーを離脱していた時期があったので、2019年のCTランクはツアー残留条件のトップ22を大幅に逃すCTランク31位でのフィニッシュでした。

さすがにこのランキングでは、オリンピック出場権は遥か彼方かと思いきや、オルタネートの位置をキープすることに。

理由としてはオリンピックの選考基準にあり、各国の上限は2枠であり、2019年CTの国別メンズサーファー数は以下の通り。

・ブラジル:11名
・オーストラリア:8名
・アメリカ:4名
・ハワイ:4名
・フランス:2名
・日本:1名
・南アフリカ:1名
・イタリア:1名
・ニュージーランド:1名
・タヒチ:1名

国別としては、オリンピックではハワイはアメリカに含まれ、タヒチはフランスに含まれます。

となると、正確な国別は以下の通り。

・ブラジル:11名
・オーストラリア:8名
・アメリカ:8名
・フランス:3名
・日本:1名
・南アフリカ:1名
・イタリア:1名
・ニュージーランド:1名

これでサーフィンに強いブラジル、アメリカ、オーストラリアが2枠を取れば、残り4枠はフランス、日本、南アフリカ、イタリア、ニュージーランドでの争いになり、フランス以外は各1名ずつしかいないのでハードルが一気に下がったのです。

そのため、上限枠到達の繰り上げが相次ぎ、CTランク31位ながらもレオが次点についたことから、オルタネートに選ばれるという不思議な現状が発生しました。

もう少しCTサーファーからの選出数を減らしても良いのかもしれませんが、CTはコンテスト界最高峰に当たるので難しいところ。

今回が初開催なのでドタバタがあったのはしょうがないと思いますが、これからはより実力に沿った公平な基準に変わっていけばイベントも盛り上がるので、より良い改善を期待したいところです。

2021年ISAワールドサーフィンゲームの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事