現代サーファーであれば、大半の方が利用しているであろう波予報サイト。

世界的に見れば最も有名なサイトは、ワールドツアーであるCTを運営するWSLの公式パートナーである「Surfline(サーフライン)」ではないでしょうか。

そのサーフラインにて最高ランクの評価が下された波とは!?

今回の動画は、2022年1月12日にアメリカのカリフォルニア州サンディエゴ郡ブラックスビーチで撮影されたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


動画を公開したブラッドが付けた今回の動画のタイトルは「I've never seen the Surf reported "EPIC". Big Wednesday」。

エピックコンディションって記された波情報を初めて見たよ。ビッグウェンズデー。

動画内でブラッドが表示させたサーフラインの波情報をチェックして見ると、波のサイズは8~10フィートで、コンディションは「EPIC」とのこと。

ここからはサーフラインの波情報における基本情報をお伝えしていきます。

まず波のサイズですが、サーフラインのヘッドクオーターはハンティントンビーチにあることから、カリフォルニアでは一般的なフェイス表記(波を正面からサイズを測る)となります。

3フィートは腰~お腹、6フィートはオーバーヘッド、12フィートでダブルオーバーヘッドといった感じです。

ハワイやオーストラリアなど世界的に主流と言えるハワイアンスケール(波の裏側からサイズを測る)と比べると倍ほどのサイズとなり、ハワイアンスケールでは3フィートがオーバーヘッド程度となります。

続いては波のクオリティですが、こちらは10段階評価となっていて、「EPIC」はもちろん10点満点。

「EPIC」と言う英単語はスラングで素晴らしいという意味で、サーフラインの指標としてはブレイクする波の70%が素晴らしく、年間トップレベルのコンディションを指すとのこと。

そんなエピックコンディションとなったブラックスビーチの波をチェックして見て下さい。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事