コロナ禍において最も渡航制限が厳しかった国の一つであるオーストラリア。

ビッグスウェルを求めて世界を飛び回るオーストラリア人ビッグバレルハンターにとっては、仕事ができないので死活問題であった事でしょう。

そんなサーファーの一人だったのがラッセル・ビールキ「Russell Bierke」(24歳)ですが、ようやく動き始めたようです。

今回の動画は、ラッセル・ビールキによるケープフィアでのパドルインサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今年に入ってから一気に渡航制限を緩和し、コロナと共存する道を選んだオーストラリア。

その結果、オーストラリア人の国際間移動も再開となり、ラッセルのSNSを見るとヨーロッパへと足を伸ばしていたようです。

スペインのバスク地方でビッグウェイブイベントに出場したり、アイルランドのマラモアを訪れたりと北半球のウインターシーズンを2シーズン振りに体験したようです。

そしてサーフシーズンは北半球から南半球へと移ると、ラッセルのホームであるオーストラリアが舞台となることに。

そんな折に訪れたのが、ラッセルの名前をインターナショナルシーンで有名にしたレッドブルケープフィアのかつての会場であったシドニーのケープフィア(アワーズというサーフスポット名もあり、地名はケープソランダー)。

サーフシーンにおいて最恐イベントと呼ばれたレッドブルケープフィアにて、ラッセルが10代にして優勝したイベントですね。

実はラッセルがケープフィアを訪れたのは、2016年のイベント以来とのこと。

イベントではトウインで魅せたラッセルが、今回はパドルインでチャージすることに。

テイクオフからのエアドロップなどミュータントウェイブに相応しいケープフィアで、6年振りとなるラッセルがどのようなチャージを見せたのかチェックして見て下さい。

ラッセル・ビールキの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事