インドネシアのメンタワイ諸島をホームグランドとするスーパーグロムのディラン・ウィルコクソン「Dylan Wilcoxen」(13歳)。

父親のレイが、カンドゥイリゾートのオーナーであるためですね。

カンドゥイリゾートがホームと言う事で、ワールドクラスのレフトとして知られるカンドゥイなどがホームブレイクなのですが、今回の舞台となるのはライトハンダー。

今回の動画は、ディラン・ウィルコクソンによるHT(ホローツリー)でのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


現在のインドネシアは雨季と言う事で、スウェル的にはオフシーズンとなります。

プロサーファーにとっては少し物足りないサイズになりますが、一般サーファーにとってのファンウェイブは豊富な時期。

そして、その雨季にディランが足を伸ばした先が、レフトが有名なインドネシアにおいて、貴重なワールドクラスのライトハンダーとして知られるHT。

HTは初サーフしたランスさんの名前を取って、「ランスライト(Lance's Right)」とも呼ばれています。

気になる波はと言うと、メチャクチャ良い波で一般サーファーにとってはサイズ的にもドリームウェイブと言っても過言ではないでしょう。

ビッグコンディションではないのにバレルも巻いたりと、比較的安全に楽しむことができるのですから。

ただ、そんなコンディションと言う事で雨季にもかかわらず混雑具合はかなり強烈になっています。

インドネシアでトップクラスのサーフエリアはもはや、雨季であろうと混雑を避けることは厳しいと言えますね。

波が良くないタイミングのレイキーピークも絶賛混んでますし(現在滞在している感想)。

一方、Aグレードを避けてBグレードならばガラガラと言うのも珍しくないのがインドネシアなので、どちらを選ぶのかは好みと言えます。

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事