現在は10代ラストとなる19歳のジュニア世代サーファーのリーヴァイ・スローソン「Levi Slawson」(19歳)。

そんなリーヴァイによるインドネシア動画がスポンサーであるソルティクルーから公開されたのですが、タイミングを狙っての事でしょう。

そのタイミングとは先日終了したワールドジュニアチャンピオンシップですね。

今回の記事は、リーヴァイ・スローソンによるインドネシアでのフリーサーフィン動画とワールドジュニアチャンピオンシップに関する内容をお届けします。


スポンサーリンク


2022年シーズンは、ジュニア、QS(クオリファイングシリーズ)、CS(チャレンジャーシリーズ)とコンテスト尽くしの生活を送っていたリーヴァイ。

ジュニアが4つ、QSが7つ、CSが7つと年間で18ものイベント出場とは凄まじいペースです。

そんなタイトなスケジュールの中で、グッドウェイブを求めて訪れたのがインドネシアと言う事で、見応え溢れるハイパフォーマンスサーフィンが収録されています。

そのリーヴァイですが、自身のホーム開催となったワールドジュニアチャンピオンシップでは大活躍を見せました。

最終的にはファイナルまでコマを進め、準優勝という結果を残しましたので。

リーヴァイによるイベント後のSNS投稿は以下となります。

惜しかったな~。

エンシニータスのみんなにサポートしてもらえて本当に感謝してるし、ホームブレイクで優勝したかったのが本音。

だけど、今週の自分のパフォーマンスをとても誇りに思ってるんだ。

僕のサーフィンを披露する機会を与えてくれたと言う意味で、WSLからワイルドカードを与えてもらえて本当に感謝してる。

最高な一年の始まりになって素晴らしいし、この勢いで突き進んで行こうってエキサイトしてるよ。

リーヴァイと言えば2019年のクイックシルバーによるイベント「ヤングガンズ」で優勝した注目の若手。

そんな若手が次世代としてワールドツアーといった大舞台に向かってくるのも間近と感じますね。

リーヴァイ・スローソンの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事