• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

オアフ島ノースショア出身のジョンジョンことジョン・フローレンス(21歳)。2011年中盤にツアー入りを果たしましたが、フル参戦したのは2012年からのこと。

フル参戦となった初年度の2012年には、ツアーランク4位となりルーキー・オブ・ザ・イヤーに輝いています。これだけ注目を集める大型新人なだけに、当然の結果ですよね。しかし、意外にもツアーイベントでの優勝は、2012年にブラジルで開催されたビラボン・プロのみです。

若い頃からメディアの注目を浴びていたジョンジョンが、初めてトリプルクラウンに参戦したのは若干13歳の時のことで、最年少記録となっています。13歳にしてワールドツアー最終戦のパイプマスターズ参加は、パイプラインが庭という環境で育ったからでしょうね。

とは言うものの、コンテスト終了後のジョンジョンは「むちゃくちゃ怖かった」と、素直に本音を漏らしていました。ビッグウェイバーであり、ジョンジョンと同じハワイアンのシェーン・ドリアンは、その時の様子を振り返り、ジョンジョンが怪我をしないか心配でたまらなかったそうです。

ビッグウェイブだけでなく、ジョンジョンはエアーのスペシャリストでもあり、オンライン投票でのエアーイベントでも常連となっています。幼い頃に将来の夢を聞かれ、プロサーファーとプロスケーターと答えていましたしね。

2013年度はツアー初戦でエアーの着地時に怪我をしてしまい、その後のベルズとブラジルでのコンテストを欠場してしまいましたが、怪我さえしなければ今年も上位に食い込んでくると思いますので、楽しみサーファーです。コンテストでも、フリーサーフィンのように思い切ったエアーをみせてくれますし!


スポンサーリンク


 

コンテストの関連記事
  • 2013年度WCTメンズno.5:タジ・バロウ
  • キアヌ・アシン優勝!2016年WCT第九戦「クイックシルバー・プロ・フランス」最終日
  • ジョンジョンのライディング特集@2016年トリプルクラウン初戦「ハワイアンプロ」
  • ジョンジョンとガブリエルのライバル対決!2017年タイトルレースとこれまでのハイライト
  • 2014年度ASPメンズワールドツアー第九戦クイックシルバー・プロ・フランス:四日目ハイライト
  • 2015年度ウイメンズWCT第九戦「ロキシー・プロ・フランス」:初日ハイライト

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事