• ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日

オーストラリアVIC(ヴィクトリア)州フィリップ・アイランドという小さな島出身で、ワールドツアーにおいてルーキーサーファーのニッキ・ヴァン・ダイク(19歳)。

今年は数年振りに、ハワイでウイメンズのツアーイベント復活となったので、ハワイに対する思いをニッキが語る映像が、今回お届けする動画となります。

ハワイを訪れると、リラックスできる環境の中、毎日サーフできるので刺激を受けると話すニッキ。一度ハワイに来ると、2~3ヶ月ほどステイするようですが、

そこはサーフィンの聖地としてサーフ業界全体が詰めかけるハワイだけあり、サーフ仲間が集うので、第二のホームのような感じで楽しんでいるそうです。

波は、やはりパワフルで、1フィートの小波であっても、ワイプアウトすると激しく巻かれるようです。ニッキがお気に入りのスポットはバックドアで、2フィートであっても相当なパワーだと言います。

ウイメンズワールドツアーイベントが開催されるのは、オアフ島ではなく、マウイ島のホノルア・ベイで、ニッキは訪れた事がないそうです。ちなみに、同イベントの冠スポンサーとなったのは、ディスカウント百貨店チェーン「ターゲット」。日本で言うと、ジャスコやイトーヨーカドーのようなもので、サーフブランドではありません。

ターゲットは、確かカリッサ・ムーアやコロヘ・アンディーノがワールドツアーサーファーになる前から、二人のスポンサーとなっていました。そして今シーズン、満を持してツアーイベントのスポンサーとなる事で、本格的にサーフィン界に進出する予定なのかもしれません。

それにしても、異業種がスポンサーになるという事は、サーフィンの活性化において、大きな起爆剤となるので楽しみですね。


スポンサーリンク


フリーサーフの関連記事
  • ミック、オーウェン、ガブリエルなど!リップカールライダーの世界中でのフリーサーフ動画
  • ハイレベルなオールラウンドサーファーのマウイ島セッション:グランガー・ラーセン
  • サーフムービー「Loco Loco」からの未使用映像
  • 参考になる!?夏の小波ゴールドコーストでフリーサーフ:ジャック・フリーストーン
  • ボビーマルティネス
    オーストラリア&クラウドブレイク(フィジー)へ家族トリップ:ボビー・マルティネス
  • フィリペ・トレドのGoPro自撮り動画!アーリーウープ×バレルのコンビネーション

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
コンテスト
北カリフォルニアのサンタクルズ出身で22歳のナット・ヤング。今年ツアー入りしたルーキーにもかかわらず、ベルズビーチとポルトガルで開催されたリ...