• ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

南カリフォルニアを代表するエンターテイメントウェイブのザ・ウェッジ、そしてフリーサーファーの中でエンターテイメントサーファーのジェイミー・オブライエン。この2つがミックスすると生まれるのがボードトランスファー(board transfer)。

まず、ジェイミーがここ最近はよく使っているソフトトップ(日本ではスポンジボードやソフトボードと呼ばれています)に乗ってテイクオフ。テイクオフ後、ソフトトップのノーズに置いていた通常のショートボードを持ち上げ、タイミングを見計らってから、ショートボードに乗り換えます。

誰もが分かるよう、はっきり言ってまったく意味などありません。ただ、ハリケーンスウェルにより、奇しくもビッグウェンズデーとなったこの日、3,000人以上も集まったと言われるギャラリーは大いに盛り上がったそうです。そこに、エンターテイメントの意味がありますね。

過去にも、ザ・ウェッジにトライしたジェイミーの映像を紹介しているので、興味のある方は下記リンク先からチェックして見て下さい。

ザ・ウェッジのエンターテイメントウェイブ


スポンサーリンク


  • オアフ島ノースショアでSUPに3人乗りチャレンジ
  • ジョエル・パーキンソンがハイドロフォイルに初トライ動画!簡単に乗りこなすのか!?
  • 一般サーファーがサーフ・ランチ(ウェイブプール)へ!ケリー・スレーターと過ごした夢の時間
  • カナダの雪山でスノーサーフィン!「Who is JOB 6.0」エピソード6
  • ツアーノートbyハーレー:ローワーズ@2015年
  • Who is JOB 5.0:エピソード8

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事