サーフィン・マガジン誌による10代サーファーだけのサーフムービー「TEEN AGE」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

未来のサーフスター候補である若手サーファー。コンテスト、ビッグウェイブ、フリーサーフィンと活躍の場は多様ですが、いずれかの分野において将来的に牽引するサーファーは生まれます。

そこで、今回の動画は、米国サーフィン・マガジン誌がリリースした長編サーフムービー「TEEN AGE」をお届けします。まだまだ、それほど注目されていないサーファーも多く出演していますが、どのサーファーも実力は本物。5~10年後には、主要メディアで引っ張りだことなるサーファーも潜んでいるはずです。

部分的に使用した映像を除き、撮影トリップを行った場所はメンタワイ、サモア、パナマ、メキシコ、エルサルバドル、マウイ。数多くの若手サーファーの中でも、サーフィン・マガジン誌が選ぶ最もインパクトのあるサーファーは、ジャック・ロビンソンヤゴ・ドラだそうです。

ちなみに、日本人としては気になる五十嵐カノア君も、7:53~からのセクションで登場しています。


スポンサーリンク


シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)