• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

今回のツアーノートは、リップカール・プロ・ポルトガルのワイルドカードを獲得したドイツ系ポルトガル人サーファーのニック・ヴォン・ラップ(24歳)をフィーチャーした内容です。

持参するサーフボード選びからスタート。ボードが多すぎて、どのボードを持っていけば良いのか分からないよと言うニック。一般サーファーからしてみれば、何とも羨ましい悩みです・・・。

コーヒーとサンドウィッチの朝食を摂りながら、「3年連続で、あと一歩のところでワイルドカードを逃してきたから、また同じパターンだと思ったよ」と話すニック。ニックは、ファイナルの終了寸前でチューブライドをメイクし、9ポイント台を獲得してワイルドカードを勝ち取ったのです。

ケリー・スレーターとの対戦を熱望するニック。「いつまでケリーがツアーに残るのか分からないし、歴史上の人物になっちゃうからね」と、おどけています。

ニックの希望通り、ラウンド1でケリーとの対戦が実現。地元ポルトガルであり、ギャラリーは味方してくれるからと自信を持って臨んだ結果、ケリーが17ポイント、ニックが7.5ポイントのコンビネーション(パーフェクト10を出しても逆転できない状況)に追い込まれ、ボコボコにヤラれてしまいました・・・。ケリー恐るべし・・・。


スポンサーリンク


  • ミック・ファニング
    WCTイベントにおけるトップサーファーのライディング1本あたりの単価換算
  • ドロップインだけでも勘弁してほしいのに・・・
  • ツアーイベント第三戦終了後のアドリアーノ・デ・スーザ&ジョンジョン・フローレンス@2015
  • iPhone6s Plusで全編撮影されたウォーターショットのミュージックビデオ「Dark Waves」
  • 地球温暖化への意識向上を目的にスノーボーダーが製作した動画「Real No Snow」
  • ケリー・スレーターのVR動画@南太平洋!ケリーのライディングを細かくチェック

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
エンターテイメント
今回の動画は、Jベイ・オープンのために南アフリカに集結したハーレーライダーによる、コンテストのオフ日の様子をお届けします。 スタートは、Jベ...