以前に紹介したモーター内蔵サーフボードのジェットサーフ。先日、マウイ島ジョーズでシーズン幕開けとなるセッションが行われた際、カイ・レニーがジェットサーフを使ったライディング映像がアップされたので、その映像をお届けします。ジェットサーフの過去記事とジョーズでのオープニングセッションの映像は、下記リンク先から参照して見て下さい。

マリンスポーツの新たなジャンルとなりえるのだろうか:ジェットサーフ

2014/2015シーズンのオープニングデイを迎えたマウイ島ジョーズセッション

ジェットサーフが生まれた経緯は、個人的な意見としては、人間のパドルでは乗れないビッグウェイブに乗るため、ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るトウインサーフにあるのかと思います。ジェットスキーに牽引してもらうくらいなら、サーフボードにモーターを内蔵すればいいじゃないのって感じで。

しかし、ビッグウェイブサーファーの間では、トウインサーフがメインストリームであった時代は長くは続きませんでした。主要なビッグウェイブサーファーの多くはパドルサーフィンに回帰したのですから。ただ、パドルサーフィンで乗れるビッグウェイブは、クリーンコンディションという条件付き。

一方のトウインサーフは、波にバンプ(コブ)のあるコンディションであってもジェットスキーのパワーで乗れるので、波のサイズにこだわるサーファーがトウインサーフを続けるという棲み分けができています。となると、ジェットサーフは、さらにマニアックなジャンルのようにも見えます。

とは言うものの、映像のようなビッグウェイブではなく、波がないコンディションでも遊べる点において、個人的にはジェットスキーのような感じで楽しめそうだと感じます。


スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事