オーストラリアを代表するツインフィンマスターのアッシャー・ペイシー「Asher Pacey」(37歳)。

以前にサーフボードスポンサーがDHDからアルバムサーフボードに変わったとお届けし、アルバムサーフボードの極端に短いサーフボードに乗る動画が公開されました。

今回の動画は、アッシャー・ペイシーがメキシコでアルバムサーフボードの4’10に乗るフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


年々短くなっていると言えるサーフボードのトレンド。

20年近く前ならば6フィート台のサーフボードが主流だったと思いますが、今では5フィート台が主流となり、自分の身長くらいのサーフボードに乗る方も多いでしょう。

ただ、さらに短いと言うか極端すぎると言える今回の4フィート台というサーフボード。4’10は約147センチですからね…。

そんなエクストリームなボードに乗るテストライドの舞台となったのは、メキシコ本土のポイントブレイク(サリナクルスですかね?)。

ここ最近、何かと話題となっているサーフムービーの最新シリーズ「SNAPT 4」の撮影で訪れたとか。

で、この動画が公開されているということは、本編には使用しないBグレードとのこと。十分に見応えがありますが…。

この短いサーフボードであっても、通常と変わらぬ安定したライディングは圧巻です。

最後に、乗っているサーフボードのモデル名は「Plasmic」とのことです。

アッシャー・ペイシーの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事