クリスマスと言えば、サーファーにとって定番となるのがサンタクロースのサーフィン。特に、季節が北半球とは逆の夏を迎える南半球のオーストラリアなどが有名ですね。しかし、アメリカでも大規模なイベントがあり、今年も大盛況となったそうです。

今年は大寒波の異常気象とも言われるアメリカですが、同じアメリカでも全く気候の異なるフロリダ州。そんなフロリダ州のココアビーチ(ケリー・スレーターの出身地)において、今年で6回目となるイベント「サーフィン・サンタ」がクリスマスイブに行われました。

4千人以上ものギャラリーが集まった同イベントには、300人ほどのサンタが波に乗り、18名のスカイダイビングサンタも登場したとのこと。また、公開プロポーズやライブなどが行われ、イベントに華を添えたと言います。

年々規模が拡大していくという同イベント。来年のクリスマスイブを狙ってみるのも良いかもしれませんね。寒い日本からすると、穏やかな気候のフロリダというだけでも羨ましいです。


スポンサーリンク

(注)デバイスによっては動画が見れない場合もあるので、その際は動画元となる下記リンク先からチェックして下さい。

動画元へのリンク先

 

B10 地球の歩き方 フロリダ 2015~2016 (ガイドブック)
地球の歩き方編集室 編
ダイヤモンド社
売り上げランキング: 26,770

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事