• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

Ozzie Wright with contest jersey

今年2016年1月、中東イスラエルで初となるWSL(ワールドサーフリーグ)のWQS1,500イベントが開催。パレスチナ問題など治安問題も囁かれるイスラエルでのサーフイベントでありながら、イベントは盛況の内に幕を閉じました。

その一翼を担ったのが、イベントに参加することとなったカリスマフリーサーファーであるオジー・ライト「Ozzie Wright」(39歳)の存在。

今回の動画は、オジー・ライトがイベント参加のためにイスラエルを訪れていた際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



フリーサーファー、アーティスト、ミュージシャンなどと多彩な顔を持つオジー。普段は全くサーフコンテストに参加することはなく、フリーサーフ動画で目にするくらいですね。

そんなオジーがWSLイベントに出場となったのですから驚きです。ちなみに同イベントでは、ラウンド1を勝ち上がったものの、ラウンド2で敗退。本人によると「6ポイント以上のスコアは出せなかったよ」とのこと。

コンテスト結果云々よりも、ファンとしては直接オジーと触れ合えたことに意味があり、オジーのサーフィンを通じて、イスラエルのサーフシーンを活気づけたことは間違いないでしょう。

今回の動画ではオジーだけでなく、オーストラリア原住民であるアボリジニのオーティス・キャリーもフィーチャーしています。オジーがグーフィーフッター、オーティスがレギュラーフッター。

コンテストジャージを着用したオジーの姿は、かなりレアではないでしょうか。個人的には違和感を感じてしまいますが(笑)。


オジー・ライトとオーティス・キャリーの過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

バンパイレーツサーフボードの「Inflatable Mattress」をテストライド:オジー・ライト

バリ島でのサーフタイム:オジー・ライト

ロードトリップをお勧めするオーストラリアの州政府観光局によるプロモーション映像

フリーサーフの関連記事
  • バリ島でカウアイボーイズの空撮セッション
  • 将来のマウイ島サーフシーンを担う13歳のジャクソン・バンチ!フリーサーフィン動画
  • トリー・メイスターの世界転戦映像エピソード3
  • 「柔」と「剛」の異なるサーフスタイルセッション:クレイグ&ライアン
  • QSイベントでトップサーファーがクラマス(バリ島)に集まった4月後半のフリーサーフ動画
  • ロンボク島デザート・ポイントとクリスチャン・フレッチャーとの繋がり

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事