豪東海岸を襲ったビッグスウェルを求めてサンシャインコーストのビーチブレイクへ@2016/6

シェア(記事を気に入ればお願いします)

Sunshine Coast Australia

先週オーストラリアNSW(ニューサウスウェールズ)州シドニーで開催されたビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア」。コンテストディレクターのマーク・マシューズいわく「10年に一回のスウェル」が入っての開催となりました。

WCTサーファーもストーク!ビッグウェイブイベント「レッドブル・ケープ・フィア@2016」

唖然とさせられる「レッドブル・ケープ・フィア@2016」のハイライト&ベストバレル動画

当然、ケープ・フィアにビッグスウェルをもたらした大型低気圧の影響は、シドニーのみに留まることはなく、オーストラリア東海岸で猛威をふるいました。

今回の動画は、フットウェアブランド「カスタム(Kustom)」のチームライダーが、グッドウェイブを求め、東海岸のアンゴーリーからサンシャインコーストをトリップした際の映像をお届けします。


スポンサーリンク



トリップに参加したサーファーは、昨年度WCTサーファーのリカルド・クリスティ、若手サーファーのハリー・ブライアントとショーン・マナーズの3名。

2部構成のシリーズ作品第一弾となる今回は、オーストラリアQLD(クイーンズランド)州ゴールドコーストからモートン湾を挟んで北側に位置するサンシャインコーストでのサーフ動画。

オーストラリア東海岸と言えば、ライトのポイントブレイク(海へと突き出た岬に沿ってブレイクするサーフスポット)が多いことで有名ですが、今回はレフトがメインとなっています。

その理由は、ビーチブレイクでセッションしたため。単純に、レフトの方がブレイクが良い地形になっていたのでしょう。

一見すると普通のサーフ動画ですが、ビーチブレイクのバレルはクローズアウトに近いホレた波で、ビーチブレイクということは至る所で波がブレイクするため、平均的な一般サーファーにはパドルアウトも厳しいコンディションでしょう。

さて、アンゴーリーからサンシャインコーストのトリップということで、第二弾はクラシカルなポイントブレイクで知られるアンゴーリーのライトハンダーでのサーフ映像になるでしょう。

第二弾も公開され次第お届けしまうのでお楽しみに!