• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日

2016 J-Bay Open pre-sesh

7月6日からスタートするウェイティングピリオドも残すところ数日となった、南アフリカのJベイ(ジェフリーズベイ)を会場とするメンズのWCTイベント第六戦「Jベイ・オープン(J-Bay Open)」。

早めに会場入りしてトレーニングに励むサーファー、同イベント前に開催されたQS10,000イベントのバリト・プロに参加するサーファーと、WCTサーファーの行動は人それぞれ。

今回の動画は、早めにJベイ入りしたサーファーによるフリーサーフ映像をお届けします。


スポンサーリンク



出演しているサーファーは、ジョンジョン・フローレンス、アドリアーノ・デ・スーザ、コナー・コフィン、コロヘ・アンディーノなど。

今イベントで2枠あるワイルドカードですが、1枠はローカルトライアルで優勝したスティーブン・ソイヤー(Steven Sawyer)、もう1枠はダスティ・ペインとなっています。

ワイルドカードを賭けたJベイ(南アフリカ)ローカルトライアル&「波が炸裂」の英語表現

また、ミック・ファニングが出場できるのかどうかも注目されていますね。

ミック・ファニングがウォームアップセッション@Jベイ(南アフリカ)で足首負傷

ミックが欠場となった場合は、ローカルトライアルで2位以下となったローカルサーファーに出場チャンスが巡ってくることになります。

さて、公式サイトによる波予報が公開されたら、再びJベイ・オープンに関する情報もお伝えしていきます。

(注)貼り付けできない動画のため、下記画像をクリックしてリンク先からチェックして下さい。
2016 J-Bay Open warming up sesh

フリーサーフの関連記事
  • タスマニアのスモールチューブ疑似体験
  • インドネシアでの1セッション映像:クレイ・マルゾ
  • ジョンジョン・フローレンスのシグネチャームービーで未使用動画@西オーストラリア
  • 2014年12月に撮影されたメイソン・ホーのフリーサーフ映像
  • フリーサーフに勤しむオフシーズンのアダム・メリング
  • サーフィン復帰したマウイ島トップサーファーのイアン・ジェンティル

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事
サーフトリップ
アジア最大規模のプロサーフィンツアーを運営する組織「ASC(アジアン・サーフィン・チャンピオンシップ)」。そのASCが、2013年度の年間ラ...