バーレーヘッズ(ゴールドコースト)でローカルが見せるバックサイドバレル

シェア(記事を気に入ればお願いします)

バーレーヘッズ

今やゴールドコーストのサーフスポットと言えば、誰もが頭に思い浮かべるのはスナッパーロックスやスーパーバンクではないでしょうか。スーパーバンクは、厳密にはサーフスポットではないのですが。

スーパーバンクは、コンディションが決まった時に、スナッパーロックス~レインボーベイ~グリーンマウント~キラまで各サーフスポットの波が繋がった時のことを言います。スーパーバンクの誕生ストーリーは下記からチェックして下さい。

続サイクロンセッション@ゴールドコースト&スーパーバンク誕生ストーリー

今回の動画は、ゴールドコーストはスーパーバンクだけじゃないと証明するかのような波がブレイクするバーレー・ヘッズの映像をお届けします。


スポンサーリンク



WCT初戦のメイン会場であるスナッパーロックスから、さほど遠くない場所にあるバーレーヘッズ。スナッパーからは、車で30分弱ほど北に位置します。

スーパーバンクが誕生する以前は、バーレーヘッズやキラこそがゴールドコーストを代表するワールドクラスなサーフスポットというイメージが強かったのではないでしょうか。

当然、今でもワールドクラスの波であることに変わりはないバーレーヘッズ。ヘッズという名前が示す通り、海に突き出た岬となっているので、岬に沿ってスウェルがラインナップするライトのポイントブレイクです。

今回の動画は、そんなバーレーヘッズのバレルを、ローカルでグーフィーフッターのショーン・マーティンがフリーサーフする映像。ローカルということで、タイミングを合わせるのが難しそうなバックサイドのバレルでありながら、見事な体勢でメイクする姿はクールです。

記事冒頭のキャプチャ写真で見せているバックサイドバレルでのダブルハンドストール(double hand stall)は、バックサイドではあまり見ることはありませんがスタイリッシュですね。