アルビー・レイヤーが世界の有名サーフスポットから選ぶ「MFK」

シェア(記事を気に入ればお願いします)

アルビー・レイヤー Photo: WSL

アルビー・レイヤー Photo: WSL

ハイパフォーマンスサーフィンを常に追求し続けるマウイ島(ハワイ)出身フリーサーファーのアルビー・レイヤー「Albee Layer」(25歳)。

マウイ島ジョーズ(現地名;ピアヒ)でのビッグウェイブで最もディープなバレルをメイクしたり、先日は世界初となるバックサイドでのエアリバース540のメイク映像を公開。ビッグウェイブやファンウェイブと問わず、常にスキルアップを遂げています。

ジョーズ史上最もディープなバレル!エディ欠場のアルビー・レイヤーがエディ当日にメイク

<必見>世界初となるBSエアリバース540をアルビー・レイヤーがメイク

上記動画により、今年のサーファーアワードを席巻した事も記憶に新しいですね。今回の記事は、アルビー・レイヤーが「MFK」な有名サーフスポットを選ぶ内容をお届けします。


スポンサーリンク



「MFK」とは

「MFK」とは「Marry-F@ck-Kill」の頭文字で、日本語にすれば「結婚相手-遊び相手-興味のない相手」といった感じの意味。3名の有名人や場所などを挙げ、3つの選択肢に当てはめていくゲームです。

今回のゲームにおいて、話題に上がった世界的有名サーフスポットは、マウイ島ジョーズ、シップスターン・ブラフ、ローワーズ(ローワー・トレッスルズ)。果たして、ハイパフォーマンスサーフィンを追求するアルビーの答えは!?

・Marry:ジョーズ(マウイ島)

アルビーと言えば、やはりといった答え。「ジョーズ無しじゃ生けていけないよ(笑)」というほどお気に入りのサーフスポットと言います。

ハマるきっかけとなったのはトウインサーフ(ジェットスキーに牽引してもらって波に乗るスタイル)で波に乗った時の事で、相当ディープなポジションから最高速で滑走している時に「楽しさのレベルが違う」と感じたそうです。

ビッグウェイブスポットのジョーズは、ビッグスウェルがヒットしない限りサーフできない印象がありますが、アルビーによるとスモールコンディションでもサーフ可能。

「岩場近くのインサイドだと小波でもサーフできるし、エアーもできるんじゃないかな。ちょっとしたスウェルが入る限り、いつでもサーフできるってことなんだ」との事です。

ジョーズ関連の過去記事は下記リンク先から。

2016年ピアヒ・チャレンジでマウイ島に集まったビッグウェイブサーファーのフリーセッション

・F@ck:シップスターン・ブラフ(オーストラリアのタスマニア州)

アルビーのビッグウェイブチャージと言えばジョーズがメインなので、シップスターンはイメージにないスポット。ちなみに、シップスターンとはフェイスが2~3段掘れし、海水はコールドウォーターという極限のサーフスポット。

「シップスターンでのサーフ映像をネットで目にするようになってからすっかり釘付けになって、いつかサーフしたいって思ってるんだ」という事で、実際に訪れたことはないそうです。

「見た目がヤバそうな波だし、コールドウォーターは得意じゃないから、シップスターン一筋になれるかどうかは分からない。でも、トライしてみたいね」とのこと。

シップスターン関連の過去記事は下記リンク先から。

タスマニアが誇るミュータントウェイブのシップスターンでエアドロップセッション@2016

・Kill:ローワー・トレッスルズ(南カリフォルニア)

「混雑だけじゃなくて、波自体も全く好きじゃないんだ。ブレイクがゆっくりで退屈な波だからね」と、アルビーが辛辣なコメントを口にするのは、スケートパークのような波と称されるローワーズ。

「シェーン・ベッシェンやクリス・ワードがとんでないエアリアルをしてたのは知ってるけど、ここ10年以上、トレッスルズでベストエアーが生まれたことなんてないんだ」。

「誰もがハイパフォーマンスウェイブって言うけど、実際にはミディアムパフォーマンスウェイブだね。オレはここ3年ほどで一回だけローワーズでサーフしたけど、すぐに後悔したよ。もうローワーズで一生サーフしなくてもいいかな」。

確かにアルビーがエアーをする波は、ブレイクが早くてワイルドなパワフルブレイクが多いですね。プログレッシブなマニューバを求めるアルビーにとって、ローワーズの波はソフト過ぎるのかもしれません。

ローワーズ関連の過去記事は下記リンク先から。

フィリペ・トレドのフリーサーフ&2016年ハーレープロ@ローワーズ(南カリフォルニア)

・まとめ

今回のサーフスポットで最も意外だったのはシップスターン。シップスターンはハイパフォーマンスと言うよりも、サバイバルの要素が強いので興味があるとは思いませんでした。

今回の内容を読むと、今後はアルビーにとってアクション系の波でベスト3なども知りたくなりますね。

参照記事:「MBK: ALBEE LAYER

*アルビー・レイヤーの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

レッドブル主催ビッグウェイブイベントにアルビー・レイヤー欠場!理由は過去のケリーと同じく…

必見!BSエアリバース540メイク寸前のアルビー・レイヤーのハイパフォーマンスサーフ動画

サーフレベルを高みに牽引するアルビー・レイヤーだから発するWCTへの苦言

エディに代わってジョーズが炸裂!アルビー・レイヤーの慌ただしかった日程と怪我まで

アルビーがエアーで片足を抜く妙技ありのマウイ島ローカルによるサマーセッション

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)