クレイグ・アンダーソンのスタイルが際立つ白黒スローモーション動画

シェア(記事を気に入ればお願いします)

モダンハイパフォーマンスが詰まったカイ・ネヴィル監督作品の常連メンバーであるクレイグ・アンダーソン「Craig Anderson」(28歳)。

見応え抜群!豪華43分ものカイ・ネヴィル監督作品「Cluster」未使用映像

最先端エアリアルなどを網羅したフリーサーファーでありながら、ライディング中の膝の使い方など独特なスタイルが際立ち、ハイパフォーマンスサーファーの中でも異彩を放つ存在です。

今回の動画は、クレイグ・アンダーソンのスタイルが引き立つスローモーション映像をお届けします。


スポンサーリンク



ボードスポンサーのヘイデンシェイプスとクレイグが2015年に開発に取り組んでいたボードモデル「ブラックノイズ(Black Noiz)」。そのブラックノイズでのライディングが今回の動画。

ステッカーには今では懐かしいクイックシルバーが貼られていますが、クレイグもデーン・レイノルズ同様にクイックシルバーとの契約を解消しています。発表されたのは2015年12月のこと。

今回のサーフ映像は2016年初期に撮影された未使用データとのことですが、クレイグはクイックシルバーとの契約解消後、新たなメインスポンサーと契約したわけではないので、ステッカーはそのままにしていたのでしょう。

すでに一年ほどメインスポンサーのいないクレイグ。人気が高いフリーサーファーだけに不思議に思う方もいると思いますが、デーン・レイノルズとブランドを立ち上げるためです。

デーンとクレイグは、クレイグのシグネチャームービー「Slow Dance」でデーンがディレクターを務めたりと繋がりが深く、元クイックライダー同志なので良いパートナーではないでしょうか。

ちなみに、以前にデーンの過去記事でも触れましたが、二人が始めるブランドの名前は「Former」。こちらの動向にも注目ですね。

デーン・レイノルズが過去の葛藤を語る40分弱のサーフムービー「Chapter 11」

クレイグ・アンダーソンの最近の過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

6月前半に豪サウスコーストも炸裂!クレイグ・アンダーソンも登場したスラブセッション

クレイグ・アンダーソンのシグネチャーフィンモデル「BLACKSTIX 3.0」

クレイグ・アンダーソンの小波パフォーマンス向けシグネチャーモデル「ホワイト・ノイズ」

クレイグ・アンダーソンの世界各地で撮影してきたフリーサーフ動画@2015

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)