• エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日

Photo: Urbnsurf

オリンピックやパラリンピックを見ると感じますが、健常者であろうが障害者であろうがスポーツに対する情熱は変わりません。

サーフィンの世界でも同様で、ISA(国際サーフィン連盟)によるアダプティブ・サーフィン・チャンピオンシップ(障害者サーフィンチャンピオンシップ)と言うコンテストもあります。

今回の記事は、パース(オーストラリア)に誕生予定のウェイブプールが、障害者がよりサーフィンをしやすい環境作りに向けて取り組むということで内容についてお届けします。


スポンサーリンク



オーストラリアWA(ウエスタンオーストラリア)州パースにて、2019年のオープンに向けて動いているアーバンサーフ(Urbnsurf)。アーバンサーフとはブランド名で、大元はウェイブ・パーク・グループです。

同グループCEOを務めるアンドリュー・ロスの父親は四肢麻痺患者で、ウェイブプール建設に関して「障害者もアクセスできるデザインが必須」との教えを受けたとのこと。

そこで、障害者でも手軽にアクセス可能な場所でサーフィンを学べるウェイブプールという方向性を見出したと言います。

例えば、車椅子を使用する障害者の場合、海でのサーフィンでは砂浜があったりと数々のハードルがあるので、ウェイブプールといった人工施設の場所は最適です。

この動きに共感し、サポートに乗り出したのはパラリンピック選手のブラント・ガーヴィー。ブラントは常々、妻のナタリーと一緒にサーフしたいと夢見ていたものの、ビーチアクセスのハードルに悩まされていたとのこと。

「ウェイブプールなら、障害者にとって大きな可能性が広がると思ってる。妻と一緒にサーフする夢も叶うだろうし」。

施設側としてはより多くの利用者を望んでいるので、障害者のアクセスも意識したウェイブプール作りは、今後のスタンダードになっていくのではないでしょうか。

参照記事:「Melville wave park chance for disability surf dream

*パースでのウェイブプールに関連する過去記事は、下記リンク先からチェックして下さい。

豪で建設予定のウェイブプールは海に近い波を発生可能!オリンピックチームも注目の施設

オーストラリアで三つ目のウェイブプール「アーバンサーフ」!パースで建設予定と発表

ニュースの関連記事
  • 空から自動追尾撮影してくれる次世代ドローン「HEXO+」
  • ワイメアでパドルアウトできなかったケリー・スレーターが陸では大活躍の人命救助
  • 海の水質汚染が深刻なリオ(ブラジル):WCTイベントを開催していいのか?
  • ミック・ファニングがウォームアップセッション@Jベイ(南アフリカ)で足首負傷
  • 北カリフォルニアでシャークアタック:当局のサーフ禁止令にサーファー猛反発
  • WSL SAMSUNG
    WSLの2016年度WCTスケジュール

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事