• サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日

モダンサーフィンにおいてスタンダードなフィンセットアップであるスラスター(3フィン)。その生みの親と言われるのがサイモン・アンダーソン「Simon Anderson」(62歳)。

サイモン以外にもスラスターを取り入れたシェイパーはいたとは思いますが、ツインフィン全盛期に身を持ってスラスターの有用性を証明して見せたのがサイモンです。

今回の動画は、サイモン・アンダーソンによる伝説のスラスターを、クーパー・チャップマンがベルズビーチでテストライドする映像をお届けします。
 


スポンサーリンク



70年代後半、ワールドツアーイベントでの優勝経験も持つプロサーファー/シェイパーだったサイモン。当時は、ワールドツアーサーファーでありながら自らのボードをシェイプするサーファーも多かった時代です。

サイモンはイベント優勝を果たすほどのサーファーでしたが、ある時期を境に結果が残せなくなることに。当時はツインフィンが一般的で、パワーサーファーであったサイモンは、アクション後にボードがスライドしがちだったそうです。

そこでサイモンが考案したのが、ツインフィンにセンターフィンを加えたスラスター。スラスターのプロトタイプをシェイプしたのが80年の事で、翌81年にはスラスターに乗ってベルズビーチクラシック(現リップカールプロ)で優勝。

サイモンはスラスターがいかにファンクショナルであるのか大舞台で証明して見せると、スラスターは瞬く間に大人気となり、現在でも主流のフィンセットアップとして君臨していますね。

サーフボードシーンにおけるゲームチェンジャーとなったサイモンが乗った81年のスラスター。今回の動画では、当時のレプリカボードにクーパーが乗るという企画となっています。

サーフボードの関連記事
  • ファイヤーワイヤーからリリース予定となっているサイドカットデザインモデル「コーニス」
  • ビングサーフボードによる長めのツイン「サンフィッシュ」でラスタがフリーサーフ
  • ジョーズ用ボードからハンティングまで!半端じゃないシェーン・ドリアンのボードストーリー
  • マウイ島ジョーズでのパドルインサーフ仕様の特注ボード:シェーン・ドリアン
  • スレーターデザインズの新モデル!?ケリーがサイモン・アンダーソンのボードをテストライド
  • ACSODの小波ボードをスナッパーロックスでテスト動画:ジャック・フリーストーン

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事