ローレン・ヒルが恥ずかしい体験談などをユーモラスに描いた女性サーファーのハプニング

シェア(記事を気に入ればお願いします)

コンテストシーンに目を向けると、ステファニー・ギルモアやカリッサ・ムーアなど、メンズ顔負けのパフォーマンスを見せるサーファーもいます。

しかし、メンズとウイメンズは違うと口にするのは、デイヴ”ラスタ”ラストヴィッチのガールフレンドとしても知られるプロサーファーのローレン・ヒル。

今回の動画は、ウイメンズのあまり触れられることのなかった側面をフィーチャーしたローレン・ヒル製作の映像をお届けします。


スポンサーリンク



サーフィンメディアなどで取り上げられるウイメンズサーフィンと言えば、メンズと似ていて、やはり一目見てカッコいいと思われるシーンばかり。

インスタグラムといったSNSも同様ですが、あまりにもクールなイメージが目立つので、ローレンは疑問に感じたと言います。「イケてない経験があったりするのって私だけ!?」と。

そこで、タブーとまでは言わないまでも、特にウイメンズサーファーに起こり得るサーフィンにまつわるハプニングをユーモラスな内容にして作り上げてしまったのが今回の作品。

ローレン本人も動画には出演し、冒頭のシーンやシャワーシーンなどで体を張って自分の体験談を再現しています。

ちなみに、サーフィン中のポロリシーンもあるのですが、これは男でも恥ずかしいですよね。思わず、ブルース・アイアンズがチョープーでボードショーツをポロリしたシーンを思い出しました。

ブルース・アイアンズが体験した人生最大級の赤っ恥
とんでもないビッグウェイブにチャージするハードコアサーファーのブルース・アイアンズ(34歳)。以前はワールドツアーにも参戦していましたが、縛...

*ローレン・ヒルの過去記事

ラスタのパートナー!女性フリーサーファー/ローレン・ヒルのライフスタイル動画
ハイパフォーマンス系のフリーサーファーが多いメンズに対し、女性らしいしなやかで優美なライディングを特徴とするロングボーダーのフリーサ...
バイロン・べイでの日常的なローカルセッション
オーストラリアでヒッピータウンとして知られるバイロン・ベイ。ここ数年は、「Epokhe」や「AFENDS」といったサーフブランドも生まれ、サ...
ビラボンガールズのロードトリップinニュージーランド2
オーストラリア出身でショートボーダーのエリー・ジーン・コフィー&フェリシティ・パーマティア、そして、米国フロリダ出身で現在はフロリダとバイロ...
ビラボンガールズのロードトリップinニュージーランド1
オーストラリア出身でショートボーダーのエリー・ジーン・コフィー&フェリシティ・パーマティア、そして、米国フロリダ出身で現在はフロリダとバイロ...

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)