• テクニック
    ケリー・スレーターから学ぶパドリングのコツと上達方法
    2015年1月5日
  • サーフボード
    サーフボード選びに悩む初心者サーファーにお勧めなキャッチサーフのスポンジボード
    2016年7月27日
  • エンターテイメント
    フリーサーフィン中のガブリエル・メディナによるドロップイン問題再び
    2017年9月15日
  • グッズ
    近付いて来たサメも思わず逃げ出すリストバンド「シャークバンズ」
    2015年1月15日
  • ボディペイント サーフィン エンターテイメント
    ボディペイントだけどウエットスーツ姿のセクシーなサーファーガール動画
    2016年3月7日
  • ニュース
    一刻を争う状況で3名のブラジリアンがオージーサーファーを救助@デザートポイント
    2017年7月2日
  • ニュース
    16歳の若手プロ他界:ハリケーンスウェル押し寄せるバルバドスでサーフィン中の事故
    2017年9月7日

via vimeo

サーフィン業界の中心地と呼ばれている南カリフォルニア。そんな場所だけに可能となるのが、サーフブランドのチーム対抗イベント。

「Cobblestone Classic(コブルストーン・クラシック)」と呼ばれる同イベントは、6月16日にローワーズ(ローワー・トレッスルズ)で開催されました。

今回の動画は、2017年コブルストーン・クラシックにて、デーン・レイノルズも参加したチャネルアイランズの出場者を追った映像をお届けします。


スポンサーリンク



同イベントのルールを説明すると、4人一組のチーム制で行われます。4名の内訳は、まず一人がプロ。チャネルアイランズで言えば、デーン・レイノルズです。

もう一人は15歳以下のアマチュア。残り二人は、各ブランドにてフルタイムで勤務している従業員二名となります。チャネルアイランズは、従業員の一人として元CTサーファーのナザニエル・カランを投入。

チャネルアイランズ以外のチームから出場したプロは、コロヘ・アンディーノ、トリー・メイスター、ネイト・イヨマンズ、アンドリュー・ドヘニー、マイケル・ダンフィーなどと豪華です。

優勝したのはサーフボードブランドの「Lost(ロスト)」、二位はエナジードリンクの「Red Bull(レッドブル)」、3位がチャネルアイランズとのこと。

なのですが、今回の動画はチャネルアイランズが公開しているので、チャネルアイランズのライダーが主役。デーンの最新フリーサーフィン動画とも言えますね。

ちなみに、イベントでデーンが乗っていたボードモデルは「Black & White」で、ディメンションは「6'0 x 19 x 2 3/8」とのことです。

----------

イベントの関連記事
  • バリ島パダンパダン開催のビッグウェイブイベント「リップカールカップ@2016」
  • ウイメンズ初の招待制ビッグウェイブイベント「WickrXスーパーセッション」
  • WCTイベント中のイベントとして開催される2015年度GoProチャレンジ@フィジー
  • 速報!ウェイブプール「スノードニア」で開催されたイベントの一部映像
  • 2017年ヤングガンズ優勝はサミュエル・プポ!ファイナルのハイライト動画
  • 初参加のパーコが受賞したGoProチャレンジ@2016年フランスイベント

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事