今シーズンのBWT(ビッグウェイブツアー)において、南半球唯一のイベント会場であるプエルト・エスコンディード(メキシコ)。

BWTイベント会場だけあり、ビッグウェイブが押し寄せるだけでなく、ビッグバレルを形成する数少ないスポットであることから、メキシカンパイプラインとも呼ばれています。

今回の動画は、7月12日にプエルト・エスコンディードが炸裂した際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


今シーズンのプエルト・エスコンディードと言えば、ビッグウェイブサーファーのジェイミー・ミッチェルが胸骨骨折の被害に遭ったニュースはすでにお届けしました。

それだけリスクの高いサーフスポットであるものの、昔からビッグウェイブサーファーにとって外せないスポットとなっています。

2015年にはシェーン・ドリアンによるプエルト・エスコンディードでのライディングが、ビッグウェイブアワードの「Ride of the Year」を獲得していますし。

そのプエルト・エスコンディードでトリプルオーバーヘッドまでサイズアップしたという今回の動画。十分ビッグサイズですよね。

しかし、BWTイベント開催のアラートは出ませんでした。BWTイベント開催には、より大きなスウェルが必要との判断なのでしょう。凄まじい世界ですね…。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事