トリプルオーバーまでサイズアップした7月12日のプエルト・エスコンディード(メキシコ)

シェア(記事を気に入ればお願いします)

今シーズンのBWT(ビッグウェイブツアー)において、南半球唯一のイベント会場であるプエルト・エスコンディード(メキシコ)。

BWTイベント会場だけあり、ビッグウェイブが押し寄せるだけでなく、ビッグバレルを形成する数少ないスポットであることから、メキシカンパイプラインとも呼ばれています。

今回の動画は、7月12日にプエルト・エスコンディードが炸裂した際のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク



今シーズンのプエルト・エスコンディードと言えば、ビッグウェイブサーファーのジェイミー・ミッチェルが胸骨骨折の被害に遭ったニュースはすでにお届けしました。

ジェイミー・ミッチェルが胸骨骨折:プエルト・エスコンディードでのワイプアウト
残念ながら、ここ最近は立て続けにビッグウェイブサーファーが南半球で負傷した事故の内容をお届けしています。 そしてまた、...

それだけリスクの高いサーフスポットであるものの、昔からビッグウェイブサーファーにとって外せないスポットとなっています。

2015年にはシェーン・ドリアンによるプエルト・エスコンディードでのライディングが、ビッグウェイブアワードの「Ride of the Year」を獲得していますし。

ビラボンXXLの「Ride of the Year」確定に限りなく近いシェーン・ドリアンのスーパーライド
ビッグウェイブ界最大のイベントであるビラボンXXLグローバル・ビッグウェイブ・アワード。今年も5月に開催され、最も名誉ある「Ride of ...

そのプエルト・エスコンディードでトリプルオーバーヘッドまでサイズアップしたという今回の動画。十分ビッグサイズですよね。

しかし、BWTイベント開催のアラートは出ませんでした。BWTイベント開催には、より大きなスウェルが必要との判断なのでしょう。凄まじい世界ですね…。

シェア(記事を気に入ればお願いします)

フォロー(更新情報のチェックはこちら)