via Lucas Chianca's instagram

アンドリュー・コットンが背骨を骨折したりと、すでにシリアスモードのビッグスウェルが押し寄せているポルトガルのナザレ。

そのナザレにて、サップスクワッチ(SUPsquatch)にチャレンジするグループが登場。

今回の動画は、ビッグウェイブスポットのナザレで敢行されたサップスクワッチ映像をお届けします。


スポンサーリンク


ビッグウェイブでのサップスクワッチと言うと、すでにジェイミー・オブライエンがハワイで仲間たちと行っています。

オアフ島のノースショアやウエストコーストのマカハで行ったサップスクワッチは非常に有名ですね。

ただ、今回のチャレンジは世界最大の波がブレイクすると言われるナザレなので、よくそんなチャレンジをしようと思い付いたなと驚かされるばかり。

今回のチャレンジは6名のグループが行っていて、ルーカス・チアンカやペドロ・カラドといったブラジリアンのビッグウェイブサーファーによるものです。

サップスクワッチをするという事は、波に巻かれることが前提だと思いますが、ナザレのビッグウェイブに巻かれても問題ないというレベルが凄いですね…。

ジェイミー・オブライエンのサップスクワッチ

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事