Photo: Boardriders Inc.

サーフィン界におけるビッグブランドであり、ライバル企業とも言えるクイックシルバーとビラボン。

昨年後半からクイックシルバーによるビラボン買収話が噂されていましたが、ついに現実のものとなりました。

今回の記事は、クイックシルバーによるビラボン買収に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


1月4日(木曜)にビラボンの全株式買収が合意に達したという今回のニュース。買収額は負債込みで3億ドル(3.8億豪ドル)とのことです。

クイックシルバーと言えば、2015年9月に米連邦破産法第11条を申請し、昨年2017年には事業再編が完了して社名をクイックシルバーからボードライダーズに変更しています。

つまり、今回のビラボン買収は正確にはボードライダーズによるものです。ボードライダーズが抱えるブランドは、クイックシルバー(Quiksilver)、ロキシー(Roxy)、DC。

ビラボンが抱えるブランドは、ビラボン(Billabong)、ルーカ(RVCA)、エレメント(Element)、ボンジッパー(VonZipper)、エクセル(Xcel)など。

これだけの数のブランドがボードライダーズの傘下に入るということで、アクションスポーツ界最大規模の企業誕生とも言えるのではないでしょうか。

一昔前には、クイックシルバーのケリー・スレーター、ビラボンのアンディ・アイアンズといったライダー同士もバチバチのライバル関係だったので驚きのニュースです。

個人的には、ライバル関係という意味において、アメリカのサーファー誌とサーフィンマガジン誌が同じ親会社に運営されることになった過去を思い出してしまいました。

----------

参照記事:「Quiksilver parent company agrees to buy Billabong

ボードライダーズの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローしよう

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事