blank

via vimeo

2019年のCT(チャンピオンシップツアー)ランク14位のライアン・カリナン「Ryan Callinan」(27歳)。

2016年にワールドツアー入りしたもののルーキーイヤーにツアー残留を果たせず、2019年に再度となるツアー返り咲きを決めています。

そんなライアンの武器は、モダンなハイパフォーマンスサーフィン。

今回の動画は、昨年2019年にライアン・カリナンが見せたフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


QS(クオリファイングシリーズ)サーファー時代にはサーフムービーにも力を入れていたライアン。

コンテストサーファーでありながら、トップレベルのフリーサーファーとも呼ばれていたほどの実力の持ち主で、私もスタイルが好きなサーファーの一人です。

そんなライアンはCTでのルーキーイヤーでは、いわゆる力をセーブしたコンテストサーフィンをすることでハイスコアを出せず、ツアー落ちすることに。

そこでコンテストでもフリーサーフィンのように攻めるスタイルにし、2018年に出場したCTイベントでは準優勝を果たしています。

2016年にツアールーキーであった時はCTイベントの最高位が9位だったので、QSサーファーとして出場したCTイベントで準優勝とは分からないものです。

2018年の勢いそのままにライアンは2019年に再びCTに参戦し、昨シーズンは余裕のツアー残留を果たしました。

そんなライアンによる今回の動画の舞台は、ホームであるオーストラリアとバリ島(インドネシア)とのこと。

今年のGランドで開催されるCTイベントは、ライアンにとってフロントサイドとなる会場なので楽しみですね。

ライアン・カリナンの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事