プロのスキムボーダーでありながら、従来の波打ち際でショアブレイクに乗るスキムボードとは異なるベクトルへと進んでいるブラッド・ドンキー「Brad Domke」(26歳)。

どのようなベクトルに進んでいるかと言うと、当ブログでも度々取り上げている通り、ビッグウェイブチャージです。ただでさえ、正確なボードコントロールが求められるビッグウェイブにおいて、フィンレスのスキムボードで乗るのですから、クレイジーそのものですね。

今回の動画は、そんなブラッドがチョープー(タヒチ)でチャージした映像をお届けします。


スポンサーリンク

今回紹介する映像は、ビッグウェイブサーファーがライディング映像で競うイベント「ビッグウェイブアワード」に提出されたチャージ映像となります。

ただ、審査員にとっては厳しい審査になります。というのも、もともとビッグウェイブアワードは、ショートボードに乗るビッグウェイブサーファーたちの舞台でした。

そんな舞台において、フィンの付いていないブラッドの映像が出てくるのですから・・・。おそらく、ビッグウェイブに乗ることが最大の焦点であったので、フィンの有無については規定がなかったのでしょう。

だからこそ、昨年のビッグウェイブアワードにおいても、ブラッドのライディング映像が取り上げられ、同アワードの「Billabong Ride of the Year」で5位を獲得しています。

ちなみに、昨年2014年から、本格的にスキムボードでのビッグウェイブチャージにのめり込んでいったブラッド。昨年の段階で、メキシコのプエルト・エスコンディード、西オーストラリアのザ・ライト、シドニーのケープ・フィア(アワーズ)にチャージしています。

そして今月頭、ついにチャレンジしたのがタヒチのチョープー。すでに、エクストリームなビッグウェイブスポットをやり尽くした感はありますが、次なるチャレンジの舞台がどこになるのか興味は尽きません。


ブラッド・ドンキーの過去記事は、下記リンク先から参照して見て下さい。

JOB以外の挑戦者登場のボードトランスファー@ハワイ:ブラッド・ドンキー

スキムボードで世界ビッグウェイブハント:ブラッド・ドンキー

スキムボードサーフィンで過去最悪のワイプアウト

ブラッド・ドンキーによる2週間のトリップ@プエルト・エスコンディード

スキムボードの天才児ブラッド&パイプラインの申し子ジェイミーによるスーパーセッションinメキシコ

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

おすすめの記事