コンディションが決まらないと真価を発揮しないサーフスポットは世界に多々あります。

だからこそ、ローカルとしてはザ・デイを今か今かと待ち構えているわけです。

今回の動画は、なかなかレアなサーフスポットであるカリフォルニア州サンタバーバラのサンドスピットでのフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


アメリカ西海岸が強烈なストームの影響を受けた事で、コンディションが決まることになった2月2日のサンドスピット。

北半球のウインターシーズンにおける定番スポットといった感じで、CTのオフシーズンとなる年明けに決まるとカリフォルニアのCTサーファーが集まることも珍しくありません。

つまりはサンドスピットが覚醒すれば混雑は避けられないのが基本だそうです。

ちなみに、サンドスピットは昔からあるサーフスポットではなく、サンタバーバラ港を保護するために防波堤が作られた時の副産物として誕生したスポット。

以前には10秒以上のバレルをメイクしたサーファーもいたというので、混雑必至ながらもサーファーはロングバレルを求めて海へと入るのでしょう。

それにしても今回のコンディションは、いつものヘビーバックウォッシュがないクリーンコンディション、かつサイズもあまりないので最高に楽しそうです。

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事