オーストラリアの若手フォトグラファーとして数年前に注目を集めたリロイ・ベレ「Leroy Bellet」(20歳)。

リロイが注目を集めることになったのは、プロサーファーと一緒に波に乗り、後方から撮影する「2in1」バレルという手法です。

そのリロイが今度はチョープー(タヒチ)でも同手法で撮影を行い、再び脚光を浴びることに。

今回の動画は、リロイ・ベレをフィーチャーした過去から現在までの撮影の裏側を追ったドキュメンタリー映像をお届けします。


スポンサーリンク


当ブログでも何度か紹介しているリロイ。最初に紹介した4年前は、若干16歳でした。

そんなリロイの名前を知らしめたのが、フランス人フォトグラファーのローラン・プジョルが考案した「2in1」バレルでの撮影。

流れとしては、撮影対象となるサーファーと共にトウイン(ジェットスキーで牽引してもらって波に乗るスタイル)で一緒に波に乗り、バレルに入っているサーファーをさらに奥のポジションから撮影します。

リロイはほぼ確実に波に巻かれるポジションとなり、バレルスポットでの撮影ということでボトムはシャローリーフと危険極まりない手法です。

ただ、普段見る事のない視点からの映像であり、誰にでも真似できる手法ではないので脚光を浴びました。

そして先月3月、今度は同撮影手法をチョープーで行うことに。

View this post on Instagram

I wish you could have been there and felt what this felt like. Three seconds of dancing inside a diamond followed by twenty seconds of the most indescribable, pitch-black, man-vs-nature violence perceivable. There isn’t a media or language that comes close to doing this justice. I think if the average person could experience this they would have a different appreciation of surfing. It’s far more than a sport. I wouldn’t risk my life a handful of times a year if it wasn’t. Surfing isn’t a sport but it’s something, or many things... Everything, if you let it be. I’m rambling now but if nothing else, I hope these photos make you feel something. Documentary coming soon @redbull_surfing 🤙🏽

Leroy Bellet | Photo | Surfさん(@leroybellet)がシェアした投稿 -

ローカルのマタヒ・ドローレ、クレイグ・アンダーソン、ミシェル・ボウレズなど数々のプロサーファーが被写体となり行われた撮影。

その中で、ミシェルを被写体にした上記写真が瞬く間にサーフィン界で広まり、サーフ雑誌のカバーを飾ることに。

リロイによる写真を見たことがあっても、撮影風景を見た事のない方には今回の動画は必見ですので、是非ともチェックして見て下さい。

リロイ・ベレの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事