WSL(ワールドサーフリーグ)スタジオがリリースしているシリーズ動画「Sound Waves」。

エピソード1ではゴールドコースト(オーストラリア)で開催されたワールドツアー初戦でのセス・モニーツ、バリ島クラマスでの第3戦ではコナー・コフィンをフィーチャーしていました。

今回の動画は、「Sound Waves」エピソード3と題して西オーストラリアのマーガレットリバーでのジャック・ロビンソン「Jack Robinson」(21歳)をフィーチャーした映像をお届けします。


スポンサーリンク


CTサーファーをフィーチャーしたシリーズ動画だと思っていたのですが、意外にも今回の主役となったのはワイルドカード出場のジャック。

幼い頃からスーパーグロムとして注目を集めてきたジャックなので、人気の点を考えると納得ですが。

ジャックがマーギーズプロにワイルドカード出場することになったのは、西オーストラリア出身サーファーの中でQSランクがトップであったため。

イベントでは、スラブ(slab:底ボレするバレル)が特徴であるバックアップ会場のザ・ボックスでフィリペ・トレドを破る番狂わせを起こしたりと盛り上げていました。

最終的にはラウンド4でセス・モニーツに敗れて9位という結果となることに。ジャックのマーギーズプロでの各ヒート結果は以下となります。

Sound Wavesの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事