Image: The Wave

今秋オープン予定となっているウェイブガーデン社の造波装置「The Cove(ザ・コーヴ)」を使用したウェイブプール「The Wave(ザ・ウェイブ)」。

イギリス南西部のブリストル郊外に位置するイースター・コンプトンに建設されたウェイブプールです。

そんなオープン間近に迫ったザ・ウェイブですが、近隣住民との問題が浮上することに。

今回の記事は、アルコール提供の認可を巡って揉め事に発展したザ・ウェイブと地元民に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


2014年に建設計画が承認され、ようやくオープンまで目の前と言うステージへと到達したザ・ウェイブ。

しかし、施設内でのアルコール提供を巡って近隣住民から地元当局へと苦情が届けられ、41名の住民が反対署名を行う事態になっているとか。

反対派の意見の中には以下のようなものがあります。

当初提案されたプロジェクトと全く別物になっている。アルコール提供が認められれば、騒々しいパーティーや屋外ミュージックが容易に想像でき、緑に囲まれた穏やかな環境が完全に害されることになる。騙された気分だよ。

アルコール提供のライセンスが認められれば、当初の計画とは根本的に異なることになる。かなり失望しているし、裏切られた気分だね。

このような反対派の意見に対し、ザ・ウェイブのクレイグ・ストッダートCEOは以下の反論をしています。

ゴルフ場といったスポーツ施設同様、我々は当初からカフェでアルコールを提供することを念頭に入れていました。

ですが、同施設でメインとなるのはサーフィンであり、アルコールはあくまでも二次的なものにしか過ぎません。

我々はアフターサーフに節度を守ってドリンクを楽しんでもらいたいだけで、節度なく酔っぱらうようなアルコール主体のカルチャーを目指しているわけではないのです。

今回の件については、当該自治体にて8月20日に認可についての審議が行われる予定となっています。

さて、ゴルフ場でのアルコール提供への反対などほとんど耳にすることはありませんが、今回の反対運動が行なわれている理由を考えると、やはりサーフィンは若者のスポーツというイメージが強いからなのかもしれません。

海外の安宿などでは、ヨーロピアンに限りませんが、若者が夜中過ぎまで共有スペースで騒いでいることは珍しくなく、反対派はその事実を身をもって知っているためでしょう。

パブ文化が根付いているイギリスで、このような反対運動が起きるのも不思議な感じがしますが、どのような着地点を見出すことになるのか気になります。

参照記事「Residents 'misled' over The Wave surfing lake plan

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事