今年2019年に初開催となったFCSによるイベント「FCS Shaper Awards」。

同アワードでは経験豊富なシェイパーを対象にした2部門が設けられていて、40年以上の経験を持つシェイパー対象の「The Legend Award」、20年以上の経験を持つシェイパー対象の「The Icon Award」と興味深い内容となっていました。

今回の記事は、FCSシェイパーアワードの結果、そして受賞シェイパーの動画などをお届けします。


スポンサーリンク


FCSシェイパーアワードはイベントという事でジャッジが存在して、そのジャッジの顔ぶれが非常に豪華です。

3名のジャッジは以下の通り。

*ウェイン”ラビット”バーソロミュー

*トム・キャロル

*ブラッド・ガーラック

ラビットとトムは元ワールドチャンピオンであり、ガーはCTランク2位になった経験があります。また、ラビットはWSLの前身団体であるASP時代にトップを務めていましたね。

そんな3名をジャッジに据え、まずはSNSで人気シェイパー投票を行い、その後、ジャッジ3名がノミネートされたシェイパーの中から各部門で3名のファイナリストをピックアップして、最終選考が行われるという流れです。

その結果、レジェンド部門を受賞したのはボブ・マクタヴィッシュ、アイコン部門を受賞したのはジョン・パイゼルとなりました。

75歳のボブはショートボード革命の立役者の一人として知られ、パイゼルは2×ワールドチャンピオンであるジョンジョン・フローレンスのシェイパーと、申し分ないキャリアを持つ2人が選ばれるという結果です。

ちなみに、受賞シェイパーはFCSのライダーであるミック・ファニングにボードをシェイプし、ミックがテストライド後にそのボードをオークションにかけてチャリティとし、イベントは終了という流れでした。

ですが、みなさんご存じの通り、ミックは南アフリカで大怪我をすることに。

そのため、テストライドは延期となっているので、ミックのサーフィン復帰後に新たな動画が公開されるのではないかと思います。

最後に、受賞者となったボブとパイゼルをフィーチャーした動画をチェックして下さい。

ボブ・マクタヴィッシュ

ジョン・パイゼル

-----

公式サイト「FCS Shaper Awards

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事