昨年2019年シーズンをもってコンテストシーンから正式に引退することを決めたタナー・グダスカス「Tanner Gudauskas」(32歳)。

今年は完全なるフリーサーファーとして世界中を飛び回ると思いきや、新型コロナによりロックダウンが行われ、今なおカリフォルニアでは感染拡大の猛威を振るっています。

その状況下でもロックダウン解除後から撮影を繰り返し、タナーがメインとなるフリーサーフィン動画を公開。

今回の動画は、タナー・グダスカスが公開した新型コロナのパンデミック前後のフリーサーフィン映像をお届けします。


スポンサーリンク


サーフシーンにおいては、3兄弟揃ってプロサーファーということで注目を集めるグダスカス兄弟。

兄弟で力を揃え、世界各地の貧しいエリアへと中古サーフボードを寄付したりといった慈善活動でも知られています。

ただ、そもそもプロサーファーとして今なおスポンサードされていて、その理由は3人揃ってスタイリッシュなレールゲームを見せる点が大きいかと思います。

コンテストサーファーであったパトリックとタナーはパントも得意で、パトリックはCTイベントで初めてロデオフリップをメイクしたサーファーであるほど。

しかも、ロデオを決めたのはスモールサイズで開催となったチョープーイベントというエピソードを持っています。

なのですが、個人的に最大の魅力であり、とてつもなくクールと感じさせられるのは3人共にレールゲームです。

そんなタナーがリリースした今回の動画の出演者は以下の通り。

*タナー・グダスカス

*パトリック・グダスカス

*デーン・グダスカス

*ディラン・グレイヴス

*トム・ロウ

*ゴニー・ズビザレッタ

*マーロン・リプケ

撮影地となっているのは、カリフォルニア、ハワイ、ポルトガルとのことです。

タナー・グダスカスの過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事