blank

Image: WSL

新型コロナの影響により、大きくスケジュールが変動することになった2020年シーズンのワールドツアー。

その中の一つとして挙げられるのが、マイキー・ライトとレオナルド・フィオラヴァンティのどちらがインジュリーワイルドカードを獲得するのかという点。

そのインジュリーワイルドカードに関して新たな決着方法をWSLが発表となりました。

今回の記事は、2021年シーズンのメンズのインジュリーワイルドカード選考方法に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


Photo: WSL / CAIT MIERS

基本的にメンズは2枠あるインジュリーワイルドカード(正式名はWSLワイルドカード)。

怪我によりツアーを離脱し、CTへのリクオリファイ条件を逃したサーファーに与えられる特別枠です。

負傷者が2名の場合は一切の問題なく2名に与えられるのですが、2019年シーズンは該当者が3名いて、こういった場合はツアーでの貢献度で決められます。

そこで1人目は元ワールドチャンピオンのアドリアーノ・デ・スーザへ与えられることに。

もう1枠がマイキーとレオの争いとなり、二人ともにツアー経験はマイキーが1年、レオが2年と大差ないので、オーストラリアレグの3戦を終えた時点でランキングが高いサーファーに与える事になりました。

でしたが、2020年シーズンはキャンセルとなり、2021年シーズンはツアー大変革によりツアー初戦がオーストラリアからハワイへと移行。

そこで、パイプラインでマイキーとレオがマンオンマンヒートを行い、インジュリーワイルドカードを決定することになりました。

Photo: WSL / MATT DUNBAR

ヒート数は最多で3回となり、ヒートを行うタイミングはパイプマスターズのトライアルイベントとなるパイプインビテーショナルの開催時。

1回目のヒートはパイプトライアルのラウンド1とラウンド2の間。2回目のヒートは、セミファイナルとファイナルの間。

この2回のヒートで、いずれかが2勝したら、その時点で2勝したサーファーがインジュリーワイルドカードを獲得することに。

2戦を終えた時点で1勝1敗となった場合、3回目のヒートはパイプマスターズ本戦の初日に行われるそうです。

マイキーとレオは2人共にパイプラインで過去に大怪我を追っているので、因縁の場所とも言えますね。

さて、今年のツアーキャンセル前のQSイベントでレオは優勝、WSLカウントダウンではマイキーが優勝と、共に調子は良さそうな感じです。

果たして、パイプで3回もマンオンマンヒートという異例のバトルで、どのようなパフォーマンスを見せてくれるのか楽しみですね。

-----

公式サイト「WSL

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事