サーフィンオーストラリアによるシリーズ動画「The Hold Down」。

何かしらのテーマを決め、そのテーマにおける最大の瞬間をトップ5形式で綴っていく内容です。

ホスト役を務めるのは、WSLコメンテーターでお馴染みのロニー・ブレイキーとロニーの兄であるヴォーン・ブレイキー。

今回の動画は、現代におけるベストサーフィンイベントをテーマにした「The Hold Down」をお届けします。


スポンサーリンク


サーフィンにおいてインターナショナルレベルのイベントになると、主に運営団体はWSL(ワールドサーフリーグ)とISA(国際サーフィン連盟)に分けられます。

コンテストサーフィン最高峰のワールドツアーを運営するWSLはプロ、ISAはアマチュアイベントと呼ばれたりしているので、今回の対象となるのはWSLイベント。

そのWSLイベントの中でもワールドツアーはドリームツアーとも呼ばれ、その理由は世界中のワールドクラスのサーフスポットを転戦するため。

そのため、今回選ばれているサーフィンイベントの大半はワールドツアーであるCT(チャンピオンシップツアー)イベント会場です。

トップ5は以下となります。

1.パイプライン(ハワイ)

2.チョープー(タヒチ)

3.クラウドブレイク(フィジー)

4.Jベイ(南アフリカ)

5.ジョーズ(ハワイ)

5位のジョーズはビッグウェイブイベントで、それ以外は全てCTイベント会場ですね。

動画では、チョープーが大炸裂し、CTイベントがレイデイとなりビッグウェイブサーファーが集まって繰り広げられたセッション「コードレッド」なども収録されています。

動画から過去の素晴らしい波を振り返ってみて下さい。

「The Hold Down」の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事