サーフィンオーストラリアによるシリーズ動画「The Hold Down」。

何かしらのテーマを決め、そのテーマにおける最大の瞬間をトップ5形式で綴っていく内容です。

ホスト役を務めるのは、WSLコメンテーターでお馴染みのロニー・ブレイキーとロニーの兄であるヴォーン・ブレイキー。

今回の動画は、パーコこと、ジョエル・パーキンソン「Joel Parkinson」(39歳)をテーマにした「The Hold Down」シーズン1エピソード3をお届けします。


スポンサーリンク


31歳であった2012年に初となるワールドタイトルを獲得したパーコ。

2012年以前はタイトルレースに敗れて4度もCTランク2位となっていて、タジ・バロウなどと同じく無冠の帝王と呼ばれていたので喜びもひとしおだったことでしょう

そんなパーコの代名詞と言えるシグネチャームーブは、ロングウォールのオープンフェイスで見せるレールゲーム。

ワールドツアーで言えば南アフリカのJベイが該当し、Jベイで見せるパーコのライディングはスタイリッシュそのものでした。

ただし、ワールドチャンピオンになるサーファーは基本的にオールラウンドでなければ難しいです。

実際、パーコはレールゲームのスタイリッシュさが際立っていましたが、ホームのクーランガッタで見せるバレルライドは誰よりもディープ。

エアリアルに関しても高さなどずば抜けたスキルを見せていました。

テイラー・スティール作品でのパーコは、今では信じられないほどビッグエアーをメイクしまくっていますし。

さて、コンテストサーフィンシーンにおけるスターとして活躍していたパーコの現役時代の様子をチェックして見て下さい。

「The Hold Down」の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事