メキシコのバラ・デ・ラ・クルスでのCTイベントをもってレギュラーシーズンを終える事になったサーフィンのワールドツアーであるCT(チャンピオンシップツアー)。

今季からレギュラーシーズンという言葉が使われるようになった理由は、シーズンは終えたけどワールドチャンピオンを決めるCTランクトップ5のみが出場するWSLファイナルが残っているためですね。

今回の動画は、2021年シーズンCTのレギュラーシーズンのハイライト映像をお届けします。


スポンサーリンク


2020年3月のWHOによる新型コロナウイルスのパンデミック宣言後、初めて再開となったのがCTの2021年シーズン。

世界的な感染状況を見るとあまりにも早い再開と思いましたが、やはり簡単なものではありませんでした。

まだまだコロナ禍という状況により、シーズン途中でキャンセルとなるイベントがあったり、追加となるイベントがあったりとかなり変則的となりましたし。

2021年レギュラーシーズンの最終戦となるチョープーイベントも、イベント期間スタートの2週間ほど前に急遽キャンセルとなりましたね。

また、2021年シーズンはアドリアーノ・デ・スーザ、ジェレミー・フローレス、ジュリアン・ウィルソンと3名ものCTサーファーが引退を発表したり、異例のシーズンだったと言えるでしょう。

色々とイレギュラーな展開があったものの、何とか終了となった2021年レギュラーシーズンということで、CTを運営するWSL(ワールドサーフリーグ)がハイライト動画を公開しました。

最後に、各CTイベントの優勝者を記しておきます。

*CT第1戦「パイプマスターズ&マウイプロ」

ジョンジョン・フローレンス/タイラー・ライト

*CT第2戦「ニューカッスルカップ」

イタロ・フェレイラ/カリッサ・ムーア

*CT第3戦「ナラビーンクラシック」

ガブリエル・メディナ/キャロリン・マークス

*CT第4戦「マーギーズプロ」

フィリペ・トレド/タティアナ・ウェストン・ウェブ

*CT第5戦「ロットネストサーチ」

ガブリエル・メディナ/サリー・フィッツギボンズ

*CT第6戦「サーフランチプロ」

フィリペ・トレド/ジョアン・デフェイ

*CT第7戦「コロナオープンメキシコ」

ジャック・ロビンソン/ステファニー・ギルモア

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事