予定よりも1年遅れとなったものの、今夏にようやくリリースとなった大人気インディーズサーフムービーシリーズ作品「Snapt4」。

同サーフムービーは作品のリリースだけではなく、ベストセクションを決めたり、「ベストバレル」や「モンスターマニューバ」といった部門が設けられていました。

そしてついに各部門の受賞者が発表となることに。

今回の記事は、スナプト4の各賞の受賞者に関するニュースをお届けします。


スポンサーリンク


「ベストバレル」部門

モダンサーフィンにおいてディープバレルは当たり前となっているので、どのバレルライドが受賞しても不思議ではありませんでした。

そして受賞することになったのは、ベンジ・ブランドによるパイプラインでのチャージとなりました。

「モンスターマニューバ」部門

この部門について、私はクレイ・マルゾのブローテールかメイソン・ホーのクライストエアーになるかと思っていましたが、予想は大外れ。

受賞したのはウェイブプールでのエアショー「スタブハイ」での活躍で一気に知名度を高めたイーサン・オズボーン。

ちなみに、受賞したマニューバはセルフシェイプのボードに乗り、ノーリーシュでメイクしたバックサイドのフルローテーションです。

「ベストセクション」部門

ベストセクションは要するにどのサーファーのパートが良かったのかを、タジ・バロウ、ボビー・マルティネス、ミック・ファニングという3名のジャッジパネルが決定します。

3名はそれぞれ10点満点で採点し、合計30点満点での勝負となります。

その勝負でトップ3までに賞金が贈られ、結果は以下となりました。

1. ジャック・ロビンソン(27.6ポイント):賞金5万ドル

2. メイソン・ホー(26.8ポイント):賞金2万ドル

3. セス・モニーツ(26.65ポイント):賞金1万ドル

なのですが、実際にはジャックの27.6ポイントを上回る28.8ポイントをマークしたサーファーがいて、そのサーファーとはバロン・マミヤ。

ですが、バロンはルール違反ということで選考対象外となることに。

基本ルールとして、作品に使用される映像は作品がリリースされるまでに完全未公開の映像のみに限定されます。

テイラー・スティール監督作品時代にもあり、オンラインコンテストであったインナーセクションでも同様のルールが設けられていましたね。

バロンはスナプト4用撮影のためにコロナ禍にメンタワイ諸島を訪れた際の映像で、同作品に使用された動画をSNSでアップしていたためです。

当時のバロンとしてはスポンサーが一新し、スポンサーにアピールするためにもキレキレのパフォーマンスをSNSに投稿したかったとか。

ただ、過去映像になるとスポンサーステッカーが違ったりするのでどうしても最新映像が必要で、SNS投稿に関してはローガン監督に事前に話を通し、許可を得ていたそうです。

なのですが、SNS投稿した映像のライディングが良かったのでローガン監督が作品に使用したとか。

そこで、ローガン監督はそのシーンを使って選考対象外になるか、もしくはそのシーンをカットするかバロンに聞き、最終的にそのシーンを残すことにしたとか。

難しい点として、そのシーンをカットしていたら28.8ポイントが付いたかどうかと言う点で、その点は神のみぞ知るといった所ではないでしょう。

なにはともあれ、5万ドルを得られるチャンスを蹴ってでも、自身のベストパフォーマンスを見てもらいたいと腹を決めたバロンはサーファーとしてクールだと感じます。

-----

参照記事「We Know Who Won Snapt4’s 50k First Prize

Snapt4の過去記事

この記事が気に入ったら
フォローお願いします!

SNS投稿のみの動画も多数

最新情報をお届けします

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事