ワールドツアーではトップサーファーとして長年に渡って君臨し続ける南アフリカのジョーディ・スミス「Jordy Smith」(34歳)。

そんなジョーディのコロナ禍の過去18カ月を追ったドキュメンタリー作品「SILVER LININGS」のエピソード8が公開。

今回の動画は、ジョーディ・スミスによるポルトガルイベント後からオージーレグまでバックステージ映像をお届けします。


スポンサーリンク


同シリーズスタートとなったエピソード1の舞台の時期となったのはコロナ禍の始まりとなった2020年4月。

そして過去18カ月のジョーディに密着という事で、本来であればエンディングを迎えるはずであったのは2021年10月辺り。

ジョーディはオリンピック出場権を得ていたので、東京五輪でフィニッシュというイメージだったのでしょう。

ですが、2022年のCTもカバーということで、少し方向性を見失ったようにも思えますが、ジョーディのフリーサーフィンが見れるということでファンにとっては嬉しい事でしょう。

今エピソードでは、ポルトガルイベント後に母国である南アフリカへと戻り、父親のGフォースと共にボードチェック。

その後はオージーレグに向けてオーストラリアへと飛び、オージーレグ初戦のベルズビーチではまさか17位という早期敗退に終わることに。

でしたが、次なるマーガレットリバーではクオーターファイナルまで勝ち進み、5位と言う好成績でカバーしています。

さて、ジョーディと言えばトップ10やトップ5など当たり前のトップサーファーだけに、今季は絶不調とも言えます。

現時点のCTランクは13位とジョーディらしくない結果ですし。

ただし、今後は得意なホームイベントであるJベイでのイベントなども残されているので、後半戦の追い上げを楽しみにしたい所です。

ジョーディ・スミスの昨年までの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事