ワールドツアーではトップサーファーとして長年に渡って君臨し続ける南アフリカのジョーディ・スミス「Jordy Smith」(33歳)。

そんなジョーディのコロナ禍の過去18カ月を追ったドキュメンタリー作品「SILVER LININGS」のエピソード5が公開。

今回の動画は、ジョーディ・スミスによる膝の手術からリハビリを経てサーフィン復帰に至るまでの映像をお届けします。


スポンサーリンク


オージーレグ最終戦となったロットネストサーチを終えた時点で、CTランク3位であったジョーディ。

この調子ならCTランクのトップ5が出場するWSLファイナルへの出場確率は高いと思われていたのですが、ホームのダーバンでのフリーサーフィン中に手術が必要なほどの怪我を負うことに。

この手術により、ジョーディはWSLファイナルのみならず、東京五輪の出場も断念せざるを得ないことになりました。

怪我をした当時の心境について、ジョーディは以下のように語っています。

簡単には現状を受け入れる事ができなかった。

だけど、自分の目の前にあるものにフォーカスしなきゃと思いこませ、そのフォーカスしなきゃならないものがリハビリだった。

リハビリに集中し、大好きなサーフィン復帰のために最大限の努力をしたよ。

そしてサーフィン復帰した時は、まるで夢が叶ったような気分になった。

特にサーフィン復帰の場所が、世界の中でもトップクラスでお気に入りの場所だったんだから。

2021年シーズンは相当なまでにハードな時期を過ごす事となったジョーディですが、すでにサーフィン復帰しているので今シーズンの活躍を楽しみにしたい所です。

ジョーディ・スミスの昨年までの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事