父親はマイケル、叔父はデレク、兄はメイソンと、ハワイのエリートサーフィン一家で育った元CT(チャンピオンシップツアー)サーファーのココ・ホー「Coco Ho」(31歳)。

ココは2010~2019年までCTサーファーとして活動し、初めて怪我によりCTイベントを欠場した2019年に怪我の影響もあってかツアー残留を逃すことに。

年齢的にはすでに30代であり、ウイメンズではコンテストから引退してもおかしくない年齢ですが、再びのツアー入りを目指すことを決意。

今回の動画は、ココ・ホーがCT返り咲きを目指した昨シーズンのCS(チャレンジャーシリーズ)を追ったシリーズ作品「COCO」のハワイ編となるエピソード4をお届けします。


スポンサーリンク


今エピソードで最終回となるココ・ホーをフィーチャーした今回のシリーズ作品。

CS最終戦となったのは、ハワイのオアフ島ノースショアに位置するハレイワを舞台にしたハレイワチャレンジで、ココにとってはホーム開催イベント。

全4戦のCSイベントの中でも、ココにとっては最も有利なイベントではあったものの、結果としては1コケで敗退となることに。

ハレイワチャレンジャーでココがクオリファイに求められたのはセミファイナル進出。

トップシードだったココにとってセミファイナル進出は2ラウンド勝ち上がるだけだったのですが、残念ながらCSランク12位のフィニッシュでクオリファイを逃す結果となりました。

そんなココの今季の動向はと言うと、すでにCSイベントがゴールドコーストとシドニーで開催され、ゴールドコーストイベントのみ出場しています。

ゴールドコーストの結果は9位なので悪くないのですが、シドニーをスキップしたのが少し気になる点と言えます。

ココ・ホーの昨年までの過去記事

Twitterもお願いします!

World Surf Travel
blank

当サイトの姉妹サイト「World Surf Travel」

サーフトリップ情報や海外現地情報など

個人旅行に関する全般情報を配信中

おすすめの記事